これdo台PRO Hi-Speed (KD25/35HSPRO)レビュー 

エラーがあっても自動でスキップ!


これdo台PRO Hi-Speed

これDO台シリーズはパソコンを使用しなくても、ハードディスク(以下HDD)二台をこれDO台に接続して丸ごとコピーできるHDDデュプリケーターです。
HDDデュプリケーターは同社、又は他社からも多数出ていて私も他にエアリアのMr.Clone3.0も持っています。

AREAエアリア SD-SSU3C Mr.Clone3.0 HDD/SSDデュプリケーター
価格:3780円(税込、送料別) (2018/3/4時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


だいたいのHDDデュプリケーターは3000円から6000円くらいの価格帯なんですけど、これDO台シリーズは昔から3万円前後という結構高い値段設定になってます。

それでも買う理由としては
  • HDDにセクターエラーなどがあってもエラー部分をスキップして取りあえずクローンを完了させることができる。
  • クローン元HDDの容量の方が大きくても、気にせずクローンを実行できる。
というところがクローンをする際にはかなり大きいからです。

特にエラーがスキップできる機能を持っているというのは非常に役に立ちます。
当然、HDD自体が全く動作していない場合はクローンすらできないので復旧確率は0%ですし、HDDのエラーの発生部分がWindows の起動に大きく関わる部分だったりすると復旧失敗に終わりますが、Windowsが起動しないというトラブルでもHDDは通電していて動いてはいるという様な状況の場合エラースキップをしてクローンを作ってみると何の問題も無しに通常利用できるようになったことも多数あります。

とはいっても、何年かに一度起こるかどうかというトラブルの為に3万円くらいの機器を購入するってのはやっぱり抵抗がありますけどね(笑)

因みに私が15年ほど前に購入したこれDO台 MASTERはエラースキップ機能はあるのですが、エラーが出るたびに「継続」を選択しなくてはいけなくて、自動でスキップする機能はありませんでしたが、前作のこれdo台PROからエラーも自動でスキップできるようになりこれまた便利になりました。

続きを読む

TVTest 「BonDriverの初期化ができません。」 

ドライバの更新

iTunesのアップデートを行った後に再起動すると「マルチメディアコントローラーのドライバが正しくインストールできない」とメッセージが出た。

最初は何に影響しているのかわからなかったが、TVTestを起動すると「BonDriverの初期化ができません。」となりテレビが映らなくなってしまった。

以前この「BonDriverの初期化ができません。」とメッセージが出た時はPT2が正しく差し込まれていなかったのが原因だったのだが、今回はどうやらソフトウェア的な問題のようです。

デバイスマネージャを確認してみたところ「Jungo」の項目にはPT2が表示されているが、「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」の項目からPT2が消えており、マルチメディアコントローラーがドライバが正しくインストールされていない状態になっていました。

原因

そもそもの原因はiTunesというよりはWindowsアップデートにあるようです。
Windows10ではAnniversary Update後に同様のトラブルが発生しているようでした。

解決方法

アースソフトのホームページから最新のドライバ及び、SDKをダウンロードしてインストールしなおすことで解決します。

アースソフトダウンロードページ:http://earthsoft.jp/index.html

最初はそのまま上書きインストールをしたのですが症状が解決されずJungoの箇所にPT2が2つあったりと、ドライバも正常な状態に戻っていなかったので、PT2のドライバをアンインストールした後に再起動してからドライバ及び、SDKをインストールすると正常なドライバ状態に戻り、TVTestも無事起動して視聴できるようになり解決です!

以上!

スポンサードリンク

Intel Core M CPUとは 

Intel のモバイルCPUブランド

Core Mプロセッサーは2014年9月でHaswellの後継として発表されCore Mとして独自ブランドが与えられた。
Core Mプロセッサーはは2in1デバイス(ノートパソコンとしてもタブレット端末としても使える機器)やノートパソコン向けに開発されたCPUということらしいです。

ラインナップはCore M3 、Core M5 、Core M7
共通スペックは
キャッシュ:4MB
コア数/スレッド数:2/4
TDP:4.5W
リソグラフィー:14nm

注目個所はファンレスでも使用できる事をアピールするだけある低発熱なTDP4.5Wでしょうか。

2017年現在発売されているSkylakeベースのCore M製品も全てTDP4.5Wになっています。

SkylakeのCore i3 6006U(2GHz)でTDP15Wなのでかなり発熱が抑えられています。

CPUの性能はどうなのでしょう?低電力低発熱でも性能がしょぼくては使い物になりません。
Core M3とATOM、Core i3、Celeron辺りでインターネットの記事を調査してみました。

続きを読む