iPhoneのLive Photos 

前後1.5秒動画写真

iPhone 6s/6s Plusから搭載された「Live Photos(ライブフォト)」はシャッターボタンを押す前後1.5秒ずつの3秒間の間の映像と音声が保存される写真です。

カメラ上部真中の二重丸に点線が被さったアイコンをタップすることでオン、オフの操作ができます。

Live Photos

ボタンを押す前の1.5秒も撮影対象になるのでボタンを押す前からiPhoneをしっかりと固定させとかないとぶれてしまいます。

使ってみると「おぉ!すごいな!」って思うんですけど…どういう時にLive Photosを使うのかちょっと思い浮かびません( ゚∀゚)・∵. ガハッ

撮影したLive Photos写真は普通の写真や動画と同じくiPhoneのカメラロールへ保管されて、写真を指で押しこむと押している間再生されます。

iOS10からはLive Photos写真も編集ができるようですが、編集できるのはフィルターや明るさ変更などの写真としての編集のみになります。

Live Photos写真をパソコンに取り込んでみましたが、普通のjpg写真として保存されます。

調べてみるとLive Photos写真が動くのは現時点ではApple製品だけのようですが、「Lively」というアプリを使ってLive Photos写真をGIFアニメや動画に変換することが可能なようです。

続きを読む

iPhoneのカメラロールで動画編集 

アプリ無しでトリミング

トリミングできると言っても、動画内の一部分だけカットするという事はできなくて、前後の不必要な部分をカットすることくらいしかできません。

でも、iPhoenで2分くらいの動画を撮って、その中で10秒くらいだけをFacebookなどにアップしたいなって時にはとても便利です。

使い方も必要な部分をカーソルを移動させて囲むだけなので簡単で楽ちんです。

スポンサードリンク

 

使い方

カメラロールの動画をタップします。

画面下部にある三本線の上に丸が入った編集ボタンをタップします。

iPhoneのカメラロールで動画編集

次にフィルムロール部(再生したらカーソルが動いていくバーの所)の端を押したまま移動させます。

iPhoneのカメラロールで動画編集

後は開始場所と終了場所を決めて「完了」をタップします。
再生ボタンを押せばトリミングする部分だけの再生もできるのでトリミング前に確認もできます。

iPhoneのカメラロールで動画編集

保存方法はオリジナルの上書きか新たな動画として保存するかを選択もできます。

iPhoneのカメラロールで動画編集

慣れれば1分くらいで必要な部分だけの動画を作成できるから便利です!

iPhoneのメモアプリのバグ 

変換したら文字が消えたぞ!

iPhone標準搭載のメモアプリだが、WindowsでWebブラウザからiCloudへアクセスして利用することもできる。
しかし、ブラウザでの利用では日本語入力をすると変換でバグるようだ。

メモアプリバグ

半角英数字を入力する分には何の問題もない。

メモアプリバグ

解決策が無いかと調べているとどうやら2014年位にすでにこの現象が起こっておりアップデートで治ったとかいう記述もあったが2017年現在も健在なバグである( ゚∀゚)・∵. ガハッ

症状

日本語入力して変換まではできるが確定すると文字は消えて改行が入る。(2回目のエンターで消える)

ブラウザによって状態は違うようで

Chrome、Safariエンターキーを押すと消える
Firefox、Internet Explorer11は正常に変換できる

続きを読む