iPhoneのバックアップ方法 

バックアップ方法は2通り

iPhoneやiPadでのバックアップは「iTunes」と「iCloud」の2通りがあります。

それぞれのバックアップの違い

iTunes iCloud
保管場所 バックアップを実行したパソコン クラウドに保管
容量 パソコンの空き容量分 無料5GBで最大1TB
データ暗号化 自分で指定 常に暗号化
タイミング パソコンに接続時(自動or手動) Wi-Fi接続時どこでも

そして、バックアップ内容も異なります。

iCloudでのバックアップでは
  • デバイスの設定
  • カメラロールの写真や動画
  • アプリデータ
  • ホーム画面の配置
  • 音楽、アプリなどの購入歴
  • メッセージ類(復元にはバックアップ時に使っていた SIM カードが必要)

iTunesでのバックアップですとデバイスにあるほぼ全てのデータがバックアップされるようです。

iCloud、iTunesどちらでバックアップしても対象にならない物は
  • キャリアメールの設定
  • Touch ID の設定内容
  • Apple Pay の情報と設定内容
  • iTunes から同期したコンテンツ

iTunesで購入した音楽、動画はiCloudのバックアップには含まれませんが再ダウンロードが可能です。
バックアップ対象の詳細は今後変更などもあるでしょうが、できるならばiTunesでバックアップをとったデータを復元したいですよね。

自宅でWi-Fi接続しているなら自動でiCloudにバックアップするようにしておいて、定期的又は復元する事前準備ではiTunesでバックアップをしておけば安心です。

アプリの状態は?

私の経験上でのお話にはなりますが、ゲームアプリは基本ログイン情報もそのまま復元されましたので移行作業は行わなくてもすぐにプレイできるようです。

その他、LINEやGmailなどアプリによっては本人確認や再ログインが発生する場合も割とあります。

続きを読む

iPhoneのメモアプリの注意点 

メモの保存先はiPhoneではない

使用端末はiPhone5S iOS10.2.1になります。

iPhone標準のメモアプリをちょこっとしたメモ用に使っている。

Gmailと同期しているのでiPhoneでメモを作成するとGmailにNotesラベルが作成されてそこへiPhoneで作成したメモが保存される。iPhoneでメモを更新すればGmail側も更新される。

iPhoneのメモアプリ

Gmail側では更新できなくて、一見Gmailに届いたメールのように見えるのだけど、Gmail側でこのNotesの中に届いたメモを削除するとiPhoenのメモアプリからも削除されてしまう。

どうやら同期というよりも保存先をGmailにしているだけみたいだ。
保存先がGmailになっているにも拘らずGmail側ではメモの編集はできません(笑)
続きを読む

iPhone 7 と SE を比較 

ディスプレイサイズか最新機種か

バッテリーの状態が悪かったのだが、ここ一週間くらいで急に減り方が異常になってきた。ドコモのケータイ補償サービスに入っているのでバッテリー交換は8000円程でやってもらえるはずなのだが2日程預けないといけない。

当日中に出来上がるのならバッテリー交換にするのだが預けるとなると代替機を使うのも面倒だし、やはり機種変更の方向で考えることにした。

2017年3月現在機種変更対象となるiPhoneは

  • iPhone SE
  • iPhone 7/Pluse
  • iPhone 6/Pluse

の5種類だがiPhone7よりも安いとはいえiPhone6に変えるのは中途半端すぎる気がするので除外。

Pluseはさすがにサイズがでか過ぎるので除外にする。

iPhone 7 と SE の比較

というこで「iPhone SE」にするか「iPhone 7」にするかというところなのだ。

因みに値段などはキャリアはNTTドコモでの話です。

値段と性能

値段

  • iPhone 7 128GB:月々割適用で約4万
  • iPhone SE 64GB:月々割適用で約2万

ディスプレイ

  • iPhone 7 :4.7インチ
  • iPhone SE :4インチ

CPU

  • iPhone 7 :A10 Fusion
  • iPhone SE :A9

RAM

  • iPhone 7 :2GB
  • iPhone SE :2GB

続きを読む