Nexus7(2012)のタッチ不良を紙で直す 

アース不良を改善すべし!

Nexus7を机の上に置いて使用したりした時に、タッチパネルが反応しなくなる問題がある。

Nexus7の2012でも2013でもその症状が出るようだ。

2014年位に調べた時には改善策は非公式な修正パッチをあてることで解決するとかしないとか?という記事はあったのだが、決定的な解決方法なんかが見当たらなくて結局iPad miniを買ってしまったわけですが(笑)

最近調べた結果では、どうも本質的には修正パッチを当てることはこの問題には関係ないようで、原因はアース不良ということが分かったらしい。なので、アース不良を改善すればタッチパネル問題も改善するような感じだ。

具体的にはNexus7を分解して緑の基盤の部分以外の上に紙を乗せてから閉めて戻すだけらしい。

ただ、情報がNexus7の2013の方しか無くて私の2012でもそれで改善するのか分からないのだが簡単な作業なのでやってみた。

続きを読む

Nesus7(2012)の分解方法 

道具無しで簡単分解

nexus7分解

タブレットは分解が困難と言うイメージがあるが、Nesus7は比較的外れやすい爪でとまっているだけなので、吸盤とか隙間に差し込む道具とか無くても簡単に外せる。

カッターなんかでこじ開けようとすると爪を切ったり折ったりしやすくなるので使わない方が良い。少し硬い部分は物差しなど少し細めの物を滑らす様にしてやるとすぐに外れます。

まずは、指で少し爪を立てて隙間ができるところを探す。
少し隙間ができるところを見つけたらそこから少しづつゆっくりと回りながら引っ掛かりを外していくだけ。

nexus7分解

続きを読む

iPhoneのLive Photos 

前後1.5秒動画写真

iPhone 6s/6s Plusから搭載された「Live Photos(ライブフォト)」はシャッターボタンを押す前後1.5秒ずつの3秒間の間の映像と音声が保存される写真です。

カメラ上部真中の二重丸に点線が被さったアイコンをタップすることでオン、オフの操作ができます。

Live Photos

ボタンを押す前の1.5秒も撮影対象になるのでボタンを押す前からiPhoneをしっかりと固定させとかないとぶれてしまいます。

使ってみると「おぉ!すごいな!」って思うんですけど…どういう時にLive Photosを使うのかちょっと思い浮かびません( ゚∀゚)・∵. ガハッ

撮影したLive Photos写真は普通の写真や動画と同じくiPhoneのカメラロールへ保管されて、写真を指で押しこむと押している間再生されます。

iOS10からはLive Photos写真も編集ができるようですが、編集できるのはフィルターや明るさ変更などの写真としての編集のみになります。

Live Photos写真をパソコンに取り込んでみましたが、普通のjpg写真として保存されます。

調べてみるとLive Photos写真が動くのは現時点ではApple製品だけのようですが、「Lively」というアプリを使ってLive Photos写真をGIFアニメや動画に変換することが可能なようです。

続きを読む