インターネットへの接続が遅い、切れる、繋がらない理由は? 

原因はどこにある?

接続できない、接続が遅い、頻繁にエラーになるなどインターネット接続の問題の原因を探るのは少々面倒です。でも根本的な原因を見つけ出さないと一時的に治まってもすぐに再発するなんてことになりかねません。

考えられる個所、要因を記載していきたいと思います。

パソコンが原因か否か

とりあえず手っ取り早く調べるのはパソコンの原因でしょう。

  • タスクマネージャーで負荷状況を確認する。
  • メモリの使用状況やCPUの占有率の確認をして異常がないか確かめる。メモリの空きが極端に少ない場合や、CPUの占有率が常に100%に近い状況だとそれを解決しないことにはどうしようもない。
  • 別のブラウザではどうなのか確認する。
  • Internet Explorerでは遅いがFirefoxでは問題なしという場合だと原因はInternet Explorer及び付属する何かということで間違いないだろう。

アクセス先の問題

原因になるうることはあまりないかもしれないけれど、アクセス先のサーバーのトラブルやアクセス集中の為に接続できないことがあったり、表示に時間がかかるということがあります。

この場合は、他のサイトでのアクセスでは問題が無いはずなので切り分けは簡単にできるとは思いますが、対処方法はないので待つしかないですね。

続きを読む

固定IPアドレスをふる時の注意点 

DHCPの範囲は固定IPアドレスをふるべからず

パソコンがその他のパソコンと通信したりインターネットに出たりするにはパソコンの住所となるIPアドレスやその他設定が必要になります。

その設定を自動に行ってくれるのがDHCPという仕組みになり、最近では市販されているルーターに必ず備わっています。だから何の設定をしなくてもルーターさえ最初に設定しておけばそのルータから出ているLANケーブルを差し込めばインターネットができます。
無線機能を持ったルーターであればWIFI機能をオンにすることで(セキュリティー設定がされている場合にはパスワードを打ち込む必要はあります)無線でルーターを通してインターネットが出来るわけです。

自動に設定しくれる故に自分で設定する場合にはそれ以外の範囲に設定しなくてはいけないわけです。
例えば192.168.11.2から192.168.11.100までDHCPの範囲であった場合に自分である機器Aに192.168.11.10というIPアドレスをふったとしましょう。
機器Aの電源が入っている場合には192.168.11.10というアドレスは使用されていることがわかるので割り当てされることはないですが機器Aの電源が入っていない場合には192.168.11.10は使われていないとしてDHCPサーバが割り当てを行ってしまう場合があります。

もし、192.168.11.10がDHCPで割り当てされている状態で機器Aの電源を入れた場合機器Aのアドレス192.168.11.10はすでに使用されていますので、インターネットや他の機器へのアクセスが出来ない状態になってしまうのです。

続きを読む

インターネットに繋げない設定 

ローカル内だけで使用する端末

このご時世、インターネットに繋がらないパソコンなんて意味がない…って感じですが、例えば家庭内や小さな事務所などでそれぞれの端末のバックアップ専用端末やファイルサーバ或は、セキュリティーソフトが対応していないOSを事務作業用として使いたいなどセキュリティー上安全ではないと分かっていてもついつい使いがちな場合もあります。

ちょっとでもリスクを減らして使えるならその方が良いに決まっています。インターネットへ直接繋がっていると、予期せずウィルスに感染してしまった場合に穴だらけになってしまって危険ですがローカルネットワーク内のみのアクセス可能な設定であればインターネット接続されている端末を通してしかアタックされることもありません。もちろんインターネットに繋がっている端末がきちんとセキュリティー対策されているということが前提になりますが(笑)

方法は色々あると覆いますが手軽にできる2つの方法を記載しておきます。
1つ目はDHCPサーバに割り当てされる以外のIPアドレスを設定して、DNSサーバの設定はしない。
2つ目はルーターの設定でIPフィルターを設定する。
2つとも設定しておけば間違ってDHCP接続にしたまま使い続けてしまっていてもルーターでフィルターがかかっているので安全ですね。

続きを読む