パソコンの動作が遅い、重いを解決 

原因はハードディスクエラー

友達と話をしている時に、パソコンの動作が遅くて業者に見てもらったら改善するのに作業費が6万いると言われたと聞いた。
修理で6万もするなら買い替えるかなぁなんて話をしていたのだが、とりあえず自分で無料でできる診断がることと、もしかしたら1万円くらいで復旧できるかもしれないということを話したらやってみたいということで協力することにしたお話。

現象

業者が何の調査をして6万で修理できると判断したかは本人も全然分からないということなので一からヒアリング。
物はWindows10のデスクトップパソコンだ。
動作が遅いといっても色々あるが以下の状態とのこと。
  • Windows10が立ち上がらないというトラブルは無い。
  • ログインしてからデスクトップが正常に表示されるまで5分くらいかかる。
  • ログイン途中でフリーズしてしまうということは今のところない。
  • エクセル、ワード、IEなどソフトウェアを1つ立ち上げるだけでも数分かかる。
  • 勝手に電源が落ちてしまうことはない。
  • シャットダウンに時間はかかることはない。

要するに起動はできるし使えるが、何をするにも遅い状態で、起動できなかったり強制終了が起こったりすることもないようなので、よくあるハードディスクのトラブルの可能性が高いかなという印象。

ハードディスクの診断

Windowsは起動するようなのでひとまずCrystalDiskInfoを使ってハードディスクのエラーがないかをチェックしてもらうことにした。
使い方はCrystalDiskInfoでハードディスクの健康診断エントリーを参照してください。

結果は予想通り「注意」となっていた。

毎回Windowsが正常に起動するので、恐らくハードディスクをクローンしてやれば何の問題もなく使い続けることができる可能性は高いと思う。

問題点は、万が一クローンに失敗した場合やクローンできたが重大なエラーがあってクローン先のハードディスクでWindowsの起動すらできなかった場合にハードディスクの購入費が無駄になることだ。
もうひとつ、クローンにはハードディスク同士を機械に直結する必要があるので、今のパソコンのハードディスクを自分で取り出しできるかどうかということ。

続きを読む

パソコンの敵は埃や熱だけじゃない! 

パソコンの熱に寄って来る敵

週刊アスキーで連載している「こんぱそ」っていうパーツショップの漫画があるんですが、7月26日号のこんぱそのお話です。

他店で買ったパソコンが起動しないから見て欲しいとお客さんが来店。
コンデンサ不良やコードの抜けもない・・・電源ユニットの方へ目をやると

ド━━(*゚Д゚)━━ン!!!

ゴキブリが混入してましたってお話です。

パソコンパーツは熱をもつので、春夏秋冬問わずそれに虫が寄ってくるんですよね。

まぁ、さすがにゴキブリがパソコンの中へ入ってくる事はあまり無いと思いますが、パソコンケースによってはケースファン部分から侵入されないこともないかもしれません。

小さな蜘蛛なんかはもっとありえるかもしれませんね。
毎日使っているとそうでもないですが、一週間ほど使わないと蜘蛛の巣を張られる危険も・・・埃対策や熱対策にもなりますしパソコンはなるべく風通しの良い埃っぽくない場所に置くのがいいでしょうね(・∀・)

パソコンを自作していると分解することもよくありますが、飲食しながらパソコンパーツを触るのも厳禁!相手が機会なので当然なのですが、蟻ってどこからともなくやってきます。ある日突然パソコンが蟻に乗っ取られていたなんてことは無いと思いますが、蟻に出入りされるとトラブルの原因にもなりますしね。

え?蟻や蜘蛛なんてそんなに出ないって?

そうなんです、都会だと実際にはそんなに神経質になるほどでもなかったりします。しかし、田舎(どこが田舎でどこが都会なのかの判断は難しいですが)特に山の麓にある家の場合、それはもう悲惨なほど害虫がいます( ゚∀゚);',*;ガハ!!

私の実家です( ・∀・)

最近では新品のトイレットペーパーやティッシュペーパーにまで蟻がたかる始末・・・

話はそれましたが、パソコンの熱に寄って来る敵には気をつけましょうの巻きでした!

おしまい

関連記事


パソコンのリカバリ 

WindowsXPの復旧

今日は母親のWindowsXPのノートPCのメンテに行ってきました。

以前リカバリして初期状態に戻したが、動きが遅く立ち上がりに5分程かかる状態だったので、とりあえず、時間ないから動かなくなるまで我慢して使ってもらうということにしてあったPCが、とうとうご臨終になられたらしいのです。
一応、立ち上がることもあるというので日本橋でハードディスクを買ってから実家に戻り、元のデータを丸々コピーを試して見たのですが、どうしても、途中のエラーから進みません。エラースキップしてもダメ。
どうしたものか、XPはアクティベーションがあり無理なのでWindows2000でも入れるかと考えていたのですが、プリインストールのOSってのは

「マイクロソフトがOSをメーカーに売り渡し、メーカーで構成されたハードウェアで使用し、基本的に他のPCで使用することを禁じている」

というような解釈を最近みたことを思い出したので、持っているWindowsCDでインストールしてダメだったら電話で認証取ればいけるのかな?とか考えました。しかし、インストールCDってサービスパックとかによってプロダクトキーが決まっているから駄目ぽいのでやめました。

次にリカバリするときってハードディスクをフォーマットするけど、何処にインストール情報あるのだろうか?という疑問が頭をよぎりました。もしかしたらハードディスク入れ替えてもリカバリCDあればリカバリできるんじゃないか!?せっかく新品のハードディスクも買ってあるので試してみました。

結果

無事に購入時状態にもどせました。特に何も問題は発生しなかったです。

今まで全てのパソコンは

「リカバリCDだけでは別のPCにインストールできない=ハードディスクの一部にリカバリのOS情報が保存されている」

と思い込んでいたのですが、どうやら先に書いたライセンスの関係でPCを変えるとWindows事態の使用許可が降りなくなるので、リカバリCDで他のPCのセットアップしようとしてもできないのです。 確かに前に、AパソコンのハードディスクとBパソコンのハードディスクを入れ替えたときにプロダクトキーの確認をマイクロソフトに電話してください。とメッセージが出て使えなかった事があります。その時は、仕事場のPCで疚しいことはなかったので電話して事情を話し言われるとおりにやってみたけど結局できなかったので、アクティベーションは結構やっかいな物みたいです。
確かに、リカバリCDでどのパソコンにでもインストールできたら大変ですが(笑)

結論

ハードディスクが交換できる(自分の能力的に)パソコンで、尚且つリカバリCDがある(又は作れる)PCならば、ハードディスクさえ新品を買ってくればリカバリできる可能性がある!!
あくまで可能性だけです。というのも、やはりメーカーによっては購入時のハードディスクにインストール内容を保持していて、リカバリCD自体は起動CDくらいの役目しかしない物もあるようです。そういった場合、正当な方法かどうかは別にしてハードディスクの中身を丸々コピーできるような道具又はツールで完全コピーしないと無理なようですね。

パソコンによってかなりハードディスクの取り出しやすさは変わってきます。特にノートパソコンなどはキーボードを外してバラバラにしなくては取り出せない物もありますので、くれぐれも注意してください。分解したはいいが元に戻せないとか、元にもどしてみたら上手くはまらずに隙間だらけになってしまうということになってしまっては、パソコンの復旧以前の問題です。どうしても直したいなら素直に修理に出したほうがいいでしょう。
分解を決心した時は事前に型番でグーグル検索でもして分解レビューなど見つかれば結構安心してでます(笑)

以上いつもの如く、自己責任でおねがいします!



マイクロソフト・ライセンス認証とは


製品の種類(Windows OSやOffice製品などのアプリケーション)や販売形態(パッケージか、OEM向けのプリインストールか、企業向けのボリューム・ライセンスか)によって細部の取り扱いは異なるが、基本的には、各ソフトウェア製品ごとに割り振ったユニークなID番号(プロダクトID)と、その製品がインストールされたコンピュータのハードウェア構成情報を、ソフトウェアのインストール時にマイクロソフトのセンターに通知して登録しておき(インターネット、または24 時間受付の音声電話を利用)、後日、すでに登録されたプロダクトIDで、登録済みの構成とは異なるコンピュータ(つまり、以前にインストールしたものとは異なるコンピュータ)にインストールしようとしても、それを許可しないというしくみ。