増えていくコアi シリーズ 

新しい i シリーズ

次の i シリーズは!

Intel Core i7(Nehalem) 2008年8月8日発表から一年、2009年9月ついに新i シリーズが発売されるようです。そして2010年も続々とi シリーズが出てくる模様。
それが、コードネームLynnfield のコアi7 で現在の Nehalem i7 の廉価版です。
ソケットが LGA1156 になり、デュアルチャンネルDDR3-1333対応メモリコントローラ搭載です。デュアルチャンネルなので、現行のi7 よりメモリ速度は遅いが、理論8コアはそのままです。
もう1つがコードネーム Lynnfield のコアi5 こちらは新i7 のハイパースレッディングを無効化したものだ。
ターボブースト機能は i7 i5 共に対応している。

Core i7 (Lynnfield / 45nm / 4Core 8Thread / LGA1156 / TDP 95W or 82W)
Core i5 (Lynnfield / 45nm / 4Core 4Thread / LGA1156 / TDP 95W or 82W)

現行のi7(TDP130W) と比べるとかなり発熱が抑えられている。
値段もそんなにばか高くはないようで、最上位 Core i7 870 で約6万円、Core i5 750 で約2万円くらいだそうです。

2010年の i シリーズ

2010年には製造プロセスも 32nm へ変更され、GPU内臓の i5 i3 が発売されるようです。

Core i5 (Clarkdale / 32nm / 2Core 4Thread + GPU / LGA1156 / TDP 73W)
Core i3 (Clarkdale / 32nm / 2Core 4Thread + GPU / LGA1156 / TDP 73W)

共通スペックは製造プロセス32nm、DirectX10 対応IGP搭載で内臓メモリはデュアルチャンネルDDR3-1333対応メモリコントローラ搭載です。
i3 はターボブースト機能は非対応になります。
Core 2 Duo の TDP 65W と比べると GPU 内臓のせいかすこし発熱は高いようです。
内臓GPUがどれだけの機能を発揮するのでしょうか。オンボードグラフィックの後押し程度の位置付けになるのか、次世代グラフィックボードに影響を与えるほどの代物なのか気になるところです。

そしてもう1つ!2010年末には製造プロセスは 45nm で LGA1366 の6コアハイパースレティング対応のコードネームGulftown(Core i9 か?)が登場するようです。
これはさすがに高そうだなおいヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

関連記事


メールの書き方、使い方 

気をつけよう仕事で使うメールのあれこれ

半角全角は使い分けること

通常全角文字は日本語を書くための文字です。アルファベットを全角で書いても大きな問題はありませんが、ホームページアドレスやメールのアドレスを入力する際には、半角で入力するように気をつけましょう。また、ホームページアドレスやメールのアドレスに限らず、英数字を入力する場合は、半角文字で統一した方が読みやすい文面になります。
読む人によっては英数字を全角で入力していると「こいつはイマイチだな」という印象を与える可能性もありますよ!

また、全角半角に関わらず機種依存文字は絶対に使わないこと!
携帯では絵文字、パソコンでは丸の中に数字が入っている物やギリシャ文字などです。OSや読み取るアプリによって文字化けしたりまったく異なる意味の文字に変わってしまったりする場合があります。

質問、提案には必ず返信すること

当然なことではありますが、先方から「~ということで宜しいでしょうか。」「~にしたいと思います。」などのメールが返ってきた時には必ず、相手の考えを了承する意を伝えるメールを返信するようにしましょう。
自分がメールを見て「それなら問題ない」「それで良いだろう」と思って返信しないと大変なクレームにつながる場合があります。自分か決定権を持つ場合のメールのやり取りは最終確認が終了するまでは返信を忘れないように!

必ず礼状を書くと

どんな些細なことでもきちんと礼状を書くようにしましょう。食事をご馳走になったけど、お礼のメールを送るほどの事でもないか・・・など思うことがあるかもしれません。お礼を言われて気分が悪くなる人はいません。
礼状を書くとなると、けっこう面倒くさいと感じるかもしれませんが、簡単でもいいので「私は常識がある人間です」アピールをしておけば、その後の仕事もスムーズにいくこともあるはずです。小さなことからコツコツと!

続きを読む

T・ZONE PC DIY SHOP お買い得商品情報 

T・ZONE PC DIY SHOP

URL:http://www.tzone.com/diy/index.jsp

お買い得商品情報(2009/08/21更新)

SSD

話題の34nmプロセス製造のMLC NANDフラッシュメモリを採用したIntel製Serial ATA接続2.5インチSSD「X25-M Mainstream SATA SSD」の新モデルが発売されて評価も上々のようです。

しかし!今まで高級で手が出なかったIntel製SSDが旧型製造プロセスは50nmではありますがMLC、SLCともに大分値段がさがってきました。
★Intel [80GB/SSD]
SSDSA2MH080G1C1 [80GB/2.5inch/SerialATA/SSD(MLC)]
SSDSA2MH080G1C1

★Intel [32GB/SSD]
SSDSA2SH032G101 [32GB/2.5inch/SerialATA/SSD(SLC)]
SSDSA2SH032G101

いずれも正規代理店付きの安心保証付きとなります。

グラフィックカード

Leadtek・ASUSTek・Sapphireのフェアを開催中です。

★Leadtek 週間ベスト1 (5週連続)
WinFast GTS250 512MB [GTS250/512MB/PCI-Ex16(2.0)]
定番の人気商品となってしまいました。

次点はこちらの商品が人気です。

★Leadtek
 WinFast GTX260 Extreme+ V3 [GTX260v2/896MB/PCI-Ex16(2.0)]
人気のGTS250のワンランク上の商品となります。
フェア適用で価格も2万円を切りますので、お手頃と言うことで意外に人気があります。

★ASUSTek 週間ベスト1(2週連続)
 EAH4670/DI/512M [HD4670 512MB PCI-Ex(2.0)]

先週のHD4350を押さえて人気上昇!!フェア適用でさらにお安くなります。

★Sapphire 週間ベスト1(2週連続!)
 11132-35-20R [HD4850 512MB PCI-Ex16(2.0)]

現時点での価格も安いのに、某価格サイトでは一番安いです。
フェア適用価格はなんと1万円を切ります!!

2009/08/21