Clarkdale CPU 

Clarkdale Core i3 i5/Pentium G

2010年1月8日intelから32nmプロセスを使ったClarkdale Core i3 i5/Pentiumが発売されました。
GPUを内蔵したのが一番の変更点で、GPUのプロセスは45nmでDirectX10対応になります。
対応ソケットはLGA1156ですがP55チップセットでは内臓GPUをサポートしていないので、内臓GPUを使用するのであればH55又H57、Q57チップマザーボードの何れかを購入する必要があります。

Clarkdaleに対応するプラットフォームはLynnfield+P55の場合と同じく、CPUとPCH(Platform Controller)の構成からなります。CPUとPCHの接続は、Core i7シリーズで採用されたQPI(QuickPath Interconect)ではなくDMIを利用している(なお、グラフィクスコアとICH内部に実装されたディスプレイコントローラの接続にはIntel Flexible Display Interfaceを用いる)。
コスト優勢で開発されたCPUとのことでメモリバスがデュアルチャネルであったり、CPUパッケージとPCHの接続にQPIを採用したなかったとintelから説明もあったようです。
ただし、CPUに統合されたメモリコントローラ、グラフィクスコアと CPUコアはQPIで接続されるといわれています。

スペック

マイクロアーキテクチャー:Westmere

Core i3 (Clarkdale / 32nm / 2Core 4Thread(Hyper-Threading) / L2 256KBx2 / L3 共有4MB / GPU動作周波数 733MHz / LGA1156 / TDP 73W)
対応メモリー:デュアルチャンネルDDR3-1333

Core i3 530 - 2.93GHz
Core i3 540 - 3.06GHz

Core i5 (Clarkdale / 32nm / 2Core 4Thread(Hyper-Threading) / Turbo Boost / L2 256KBx2 / L3 共有4MB / LGA1156)
対応メモリー:デュアルチャンネルDDR3-1333

GPU動作周波数 733MHz / TDP 73W
Core i5 650 - 3.20GHz
Core i5 660 - 3.33GHz
Core i5 670 - 3.46GHz
GPU動作周波数 900MHz / TDP 87W
Core i5 661 - 3.33GHz

Pentium G (Clarkdale / 32nm / 2Core 2Thread(Hyper-Threading) / L3 3MB / LGA1156)

Pentium G6950 - 2.80GHz

内臓GPUの性能

RadeonHD4350やGeForce9400GTとのベンチマーク比較などをみるとほぼこの辺りのGPU性能と考えてよさそうです。
3DゲームのベンチマークではCore i5-661がいずれも一番低いスコアになっているので、3Dゲームを普通にプレイするだけの能力はClarkdaleの内臓GPUにはなさそうです。
これまでのチップセット内臓のGPUよりは高性能といえるでしょうが、GeForce9300チップと比べると大差はなさそうですね。
しかし、チップセット内臓のGPUでは辛いがRadeonHD4350やGeForce9400GT位のGPU性能があれば十分というエントリークラスの構成ならばこれまでよりも選択の幅は広がりそうです。

Clarkdale 各々の違い

Pentium はターボブーストとIntel Hyper Threading Technology(HTT)が共に非対応で、 Core i3 はターボブーストのみ非対応になっています。
TDPは73Wになりますが、Core i5-661のみ87Wと高くなっています。GPU動作周波数が900MHzと高い為でしょう。

関連記事


ENERMAX ELT620AWT/STBの修理後 

電圧不安定は改善されてない!?

修理箇所があって修理したと言うことで少し安心して忘れていましたが、電圧が不安定なのはどうなったのかと思ってOCCTで負荷を1時間ほどかけてみました。

修理後の電圧調査

(。-`ω´-)ンー

殆ど改善してないです( ゚∀゚);',*;ガハ!!
修理に出す時にVCoreと+12Vの電圧が不安定だと言うことは伝えておいたのですが修理の対象にならなかったのでしょうか。それともこれはどうしようもないことなのでしょうか。
フリーソフトでの計測なのでサポートにしつこく質問するのも気が引けてしまいます(笑)

まだ取り付けて2日ほどですがフリーズする事はありません。
取りあえず1ヶ月間フリーズしなければフリーズの原因は電源ユニットだったということにしても大丈夫でしょう!

関連記事


電源ユニット修理完了! 

電源基盤のハンダ不良

先日保障修理にだしたELT620AWT/STBですが、本日修理が完了して返ってきました。

修理報告書

故障症状
一ヶ月ほど前からフリーズするようになった。

不具合箇所・原因
弊社テスタにて症状確認できました。
電源基盤のハンダの不良でしたので不良箇所を再度、ハンダにより修正させて頂きました。
弊社にて上記部品を新品交換して、実機による起動テストを一時間ほど行ったところ上記の元璋は見られませんでした。

時間がかかっていたので不良箇所が見当たらずにそのまま返却されるかもしれないと不安でしたが、修理報告書には電源基盤のバンダの不良で症状の確認もできましたとあったのでWindowsがフリーズすることも確認してもらえたのかな。
一時間で症状がでなかったというのはちょっと微妙ですがw

Windows7がフリーズする調査の為にOCCTで負荷を掛けえていた時に電圧のグラフが不安定ということに気がついて修理に出しましたがOCCTってこういう電源の不良を見つけることにも役立つのですね。報告書は特にOCCTにふれるコメントありませんでしたが(笑)

電源ユニットは問題なくなったはずなので、これでまだフリーズするようならWindows7の再インストールしかないですね(・∀・;)

ところで最近は空輸の検査が厳しいらしく危険物的な物とみなされると到着が大幅に遅れることがあるらしいです。私は送る時にゆうバックで送ったのですが郵便局の方にそう言われました(・∀・;)
今回も少し時間がかかったみたいで、到着予定は2日後だったのに兵庫県から埼玉県まで5日もかかったみたいです( ゚∀゚);',*;ガハ!!
帰りは福山通運で2日で到着しました。機械物を郵送するときは空輸をしない宅急便がいいですね。

関連記事