Windows7で管理者として実行 

管理者でも管理者として実行

Windows7(正確にはWindows Vista以降かな)では管理者権限のあるユーザであっても管理者として実行しないとうまく動作しないものがある。

EXEやBATファイル

ソフトのインストールをする場合やコマンドラインで動作させるバッチファイルを動かす場合には右クリックのメニューにある「管理者として実行」で起動させた方がよい。特にレジストリの編集を伴うバッチファイルは普通にダブルクリックなどで実行すると失敗することが多い。



まぁ普通に市販されているソフトなんかをインストールする時には気にしなくてよいのでしょうけど、XPの頃から使われているようなフリーソフトはたまに管理者と実行でインストールしないと正しく動作しないものもあった。

ショートカット

使い分け方は良く分からないがショートカットのプロパティには二か所に管理者として実行するためのチェックがある。

ショートカットタブの「詳細設定」のプロパティ

管理者として実行

互換性タブの特権レベル

管理者として実行

ショートカットタブの方はそのショートカットから動かす場合に管理者として実行され、互換性タブの方はそのプログラム自体が管理者として実行されるようになるようです。

一見、互換性タブの方が万能な感じがしますが、スタートアップへ組み込むショートカットの場合には互換性タブの管理者として実行ではうまく動作しないがショートカットタブの管理者として実行だとうまく動作するといったこともありました。
どんな場合にはどちらを使うかははっきりわからないので、この二か所の存在を覚えておいてこっちがダメならあっちといった感じで良いでしょう(笑)

エアリア Mr.Clone3.0(SD-SSU3C) レビュー 

HDDデュプリケーター

Mr.Clone3.0
(coneco.net)

これDO台は持ち運びにかさばるので買ったが使うことなく2年が過ぎてしまった( ゚∀゚);',*;ガハ!!

まぁこれDO台と違って4000円程の価格で買えるのでいざという時の為に持ってるには良い感じです。

付属品

  • ACアダプタ
  • 電源コード
  • USB3.0ケーブル
  • 日本語説明書
Mr.Clone3.0 Mr.Clone3.0

  • ダンボール!?
Mr.Clone3.0

なんでいっぱいダンボールの切れ端が入ってるのかと思ったら、組み立ててHDDスタンドとして使用するらしいです(・∀・;)

Mr.Clone3.0

一応、二組分入ってます。組み立ててみましたが、なんだか不安定で使う気にはなりません。

仕様

パソコンとの接続:USB3.0
対応ドライブ(S-ATA):HDD、SSD、光学ドライブ クローン機能:セクタコピー方式
本体サイズ:72×48×10(mm)

コピー速度

コピー元:SEAGATE ST3160318AS (SATA 160GB 7200rpm)
コピー先:WESTERN DIGITAL WD1600AAJS (SATA 160GB 7200rpm)
完了時間35分

これDO台Proではコピー先のHDDが今回とは異なるメーカーの160GBですが25分で完了だったのでちょっと遅めですね。

これDO台Proとの比較

良い所

  • 手ごろな値段
  • 本体もACアダプタコンパクト
  • USB3.0接続ができる
  • 内臓光学ドライブもUSB接続で使用できる

悪い所

  • コピー元のHDD/SSDの容量が小さい場合にしかコピーを実行できない
  • エラースキップ機能がない

HDDトラブルの際にこれDO台ProではエラースキップしてのコピーでもWindowsが起動することは何度かあったのでエラースキップ機能が無いのは残念。

困るのは次のコピー先の容量が元より小さいとコピー自体ができないとうのです。入らなくてもとりあえずコピーしてくれればいいんだけど('ノェ')コッソリ
同じ容量でもメーカによって認識の仕方が違うからそんな時でもコピーできない。

HDDからSSDに換装したい時も使えないことがほとんどだし結構使う場面は制限されるかな。せめてパーティション単位でコピーできればもっと楽に使えるんだけど…この値段じゃしかたないかな( ・∀・)

DocomoのガラケーからiPhoneへ機種変更 

iPhone5Sに機種変更してきた!

時間がかかりそうでなかなか機種変更に行けなかったが今日は仕事帰りに平日はいつもガラガラなドコモショップへ行ってきた(*´д`*)

今日もお客さんは0で待ち時間はなかった。どれくらい時間がかかるものかと思ったが呼ばれてから店を出るまで45分だったのでまぁこんなもんかという程度かな。多分いつもは呼ばれるまでに時間がかかるから何時間も拘束されるイメージがあるのかもしれない。

やること

iPhoneで使えないサービスの契約もしていなかったし実質やることといえばiPhoneに変わることでの説明に対する確認の署名を数か所することと料金プランの変更の説明それと電話帳の移行だけだった。電話帳の移行はやってくれないので自分でやらないといけないってネットで見てたので少し驚いた(笑)

iPhone5S保障

ドコモの保障かアップルの保障かを選ぶことになる。

購入後1年間は自然故障に限るメーカー保障はついているのでアップルストアに持っていく。ドコモショップではメーカー保証は受付してくれない。

アップルの2年保障のAppleCare+は月々408円で自然故障のみ無料修理と電池交換は使用可能容量が50%以下の場合のみ無料交換という内容だったはず。盗難や水濡れなどは本体を買い替えになるということだ。そして修理持込みもアップルストアのみでドコモショップでは受付してくれない。

ドコモの保障はケータイ保障サービスfor iPhoneで月々630円で水濡れだろうが盗難だろうが電池交換だろうが7875円でしてもらえるが1年間に2回までしか利用はできない。

私は盗難は兎も角水濡れとか2年超えの電池交換とかありえそうなので少し高いがドコモの方の保障にした。

ドコモポイント

本体代にドコモポイントが使えた。本体代は月々サポートで実質無料になるわけだがその差額はその他の契約料から2年間引かれるという感じになる。

簡単にいえばドコモポイントを24で分割で値引いてるだけだな。

ドコモメール

1月からプッシュが即時とかゆってたが2014年1月21日現在はまだのようで最短で15分かかるようだ。そのうち即時になるとかゆってたがはっきり言わないあたりが怪しいな。