Office2007で外字が正しく表示できない! 

中国語フォントに置き換わっている

現象

正しく登録されている外字をOffice2007で使用すると異なった文字が表示される。

外字の表示がおかしい

解決方法

Windows Vista以降のOSでMicrosoft Office 2003または2007でフォントのリンクが通常優先されるリンクよりも他に優先して使用される場合があるらしくMicrosoft Office 2007 スイート Service Pack 2以上で修正対応されています。

Microsoft Office 2003を使用する場合やOffice 2007SP2を適用せずに回避する場合にはレジストリの編集が必要になります。

参考

アイコンをダブルクリックするとプロパティが開く?! 

キーボードに注目

割と良くヘルプで呼ばれる症状の一つにアイコンをダブルクリックするとプロパティが開くというのがある。実際にはアイコンを開くと変な画面が出てくるとか言われるわけだが(笑)



一般的に良く使うかどうかは分からないがWindowsにはALT+Enterでプロパティーを開くという動作がある。
だからALTを押しながらダブルクリックすれば当然プロパティーが開くのだけれど、どうしてALTが押された状態になっているのかということだ。

  • キーボードの手前に書類などを置いていて角がALTボタンに当って押された状態になっていた。
  • キーボードの中に小さなクリップが入り込みALTボタに当って押された状態になっていた。
  • キーボードの故障で勝手に押された状態になることがあった。
  • Sshiftキーを5回連続で押すと出現する固定キー機能で、間違ってALTが固定されている状態になってしまった。

今まで遭遇した現象的にはこんなものでしょうか。

クリップ

事務職系の部署だと結構キーボードの中にクリップを潜りこましている人間は結構いる…雑な人間に多し。キーボードが効かなくなることが多いけどたまに押しっぱなしになる状態も発生するみたい。

ちょっと違うけどウィルスに感染したUSBメモリが右クリックの開くからは開けるけどダブルクリックするとプロパティが開くなんてこともありました。フォーマットしたら普通にダブルクリックで開くことができるようになったのでこれはキーボードが原因ではなかったです。

Haswell Refresh CPU 

Haswellと何が違う?

2014年5月11日に販売開始になったHaswell Refresh。
対応ソケット:LGA1150

HaswellとHaswell Refresh…コードネームが違うので技術的な進化があるのかと思いきや特に進化したポイントはないようです。第5世代Intel Coreプロセッサまでの繋ぎ的、インテル9チップセットに合わせたおまけ的マイナーチェンジといったところか。

違いを調べて出てくるのは「動作周波数の引き上げ」「省電力モデルの充実化」くらいですし、「動作周波数の引き上げ」に関しても大幅な引き上げではないようです。

対応チップセットはインテル9シリーズで、インテル8シリーズに関してはBIOSアップデートで対応しているマザーボードのみ動作するようです。

参考