iPhoneの充電ケーブルの補強 

ボールペンスプリングで切れ防止

iPhoneの純正充電ケーブルは切れやすい?

iPhoneを買って1年半ほど…充電ケーブルのiPhoneを取り付ける側のコネクタの付け根がよれよれになって接触が悪くてすぐに充電ができなくなるようになってしまった(´;ω;`)ウッ…

検索するとやはり同じような人が多くて買い替えることが多いみたいだ。基本的に保障期間であれば無料交換が可能な場合が多いらしい。

iPhoneが保障期間か確認するサイト

URL:https://selfsolve.apple.com/agreementWarrantyDynamic.do

上記サイトで入力欄へiPhone裏面にあるIMEIの番号を入力すると結果が表示される。三つ目の項目が「Expired」となっていたら保証期間は終了している。これは多分アップルの一年保障だと思うのでその他有料保障やキャリアの保障については不明です。
もし保証期間であれば「0120-277-535」へ電話をかけて状況説明やらを伝えるようだが結構いろいろと質問が多くて面倒みたいだ。

ケーブルを補強しておこう!

切れる原因は充電しながら使うということにつきるのだがやっぱり充電しながら使わないというのは中々難しい。何か対策がないかと調べていると簡易的な補強ができるというのを見つけた。ネットで検索するとかなりの数が出てくるので一応効果があるようなので補強をしておくことにした。用意するものは出入りするボールペンのペン先の方に付いているスプリング。

iPhoneの充電ケーブルの補強

昔のキャップで蓋をするタイプのはスプリングが付いていないし、最近だと持つところ辺りにスプリングが付いてるものもあるのですがそれだと大きすぎて使えないかも。

iPhoneの充電ケーブルの補強

スプリングの先からケールを通して巻き付けるだけなのだが小さいからか意外と硬くて手間取った。ケールに巻き付ける最初の内だけ爪楊枝でスプリングを開けてケーブルに通して、後はクルクル回しながら取り付けるのが良いかもしれない

iPhoneの充電ケーブルの補強

スプリングは多少伸びても問題ないのでケーブルを傷つけない事を優先して!

iPhoneの充電ケーブルの補強

効果のほどはすぐには分からないが…なるべく充電しながら使わない事を心がけて、充電しながら使う時も根元が折れないように使うようにしている。