マイナンバー取扱い注意点 

個人番号はトップシークレット


通知カードが「平成27年10月中旬以降、住民票を有する全ての住民」の条件にあてはまる人に郵送されていると思います。

通知カードは個人番号その他も記載されていますが本人確認としては使えません。通知カードが届いたのちに個人番号カードの交付をすることで写真付きの免許証の様なカードが発行され、個人番号カードは身分証明書として利用が可能になります。

2016年1月から発行できる個人番号カードに「目隠しケース」をつけて個人情報である「個人番号」「性別」「臓器提供意思表示」の3つを、外部から見えなくする措置もとられるようですが、個人番号カードを身分証明書として利用する際にコピーなどをとられる時には個人番号をコピーされないようにしておかなくてはいけません。
要するに、個人番号自体は通知カードがあれば問題ないので、個人番号カードの裏面に記載されている個人番号はマジックで塗りつぶして分からなくしておくこと!他人には絶対に個人番号を知られてはいけません!ってことです。
個人番号を提出しなくてはいけないケースとしては役所の提出書類や社会保険や福祉などの為に自分の勤めている会社くらいかな。

それなら個人番号カードに個人番号を記載するなよって思いますが…なんか今後はクレジットカード機能がついたり色々展開が予定されているみたいなのですが問題も沢山でてきそうですね。

基本、個人番号の変更はできないようですが例外として「個人番号が漏えいして不正利用される恐れがある」場合にのみ個人番号の変更ができるようです。まぁ施行されたばかりの制度なので今後も何かにつけて変更などありそうです。

ドコモ dポイントを使ってみる 

dポイントで買い物ができる

2015年末から「ドコモプレミアクラブ」が「dポイントクラブ」に制度変更されてドコモポイントからdポイントへ変更になっているようだ。
これまでそんなにドコモポイントが貯まることもなかったので機種変更する際に料金の足しにするくらいの認識しかなかったが、なんかちょっとしたのもでもドコモポイントで買うことが出来ないかと思って調べていたら色々見つけた。

以前からドコモショップに売っている小物とかなら買えたのかな?dポイントになってドコモのオンラインショップで買い物ができたりJALのマイルやローソンのポンタポイントと相互交換できたりするみたいだ。
後はなんかドコモのポイントサイトみたいなのもあってそこでdポイントを貯めることもできる。詳しくは下記リンクから自分で調べてください。

ドコモdポイントについて
URL:https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/dpoint/?utm_source=google_pst&utm_medium=cpc&utm_campaign=google_pst_googlecpc_dpointstart_1511_00054_prm
ドコモプレミアクラブの改定について
URL:https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/pages/150513_00.html

で!ポイント残を見てみると1800ポイントほどあったのでポイントだけでなんか買ってみることにした…のだが、1ポイント1円みたいなのでろくなものが無いのでカップラーメンを5個買うことにした。

dポイントで買い物

カップヌードルカレーBIGを5つ注文!配送料も500円程かかる(商品によって違うが送料無料になる条件もある)のでこんなもんだ。 使わずして有効期限が切れるよりはましだ(笑)

配送は今回はゆうパックで日付指定も時間指定もできた。

dポイントで買い物

dショッピングお届け・送料について
URL:http://shopping.dmkt-sp.jp/information/guide/pc104.html


参考

ドコモプレミアクラブ会員の方へ

dポイントで買い物

ドコモホームページより拝借。

動画をキャプチャーすると真っ黒になる! 

ビデオアクセラレータを無効にする

以前のゲームやベンチマークのスクリーンショットを撮ると真っ黒で何も写っていないという症状ではデスクトップコンポジションを無効にすれば解決できる場合が多かったのですが、今回の動画をキャプチャーした時真っ黒になるというのは動画を再生するプレイヤーの設定になります。

因みに、デスクトップコンポジションもビデオアクセラレータも快適に使うための支援設定であるので必要な時以外は元に戻しておくのが良いでしょう。



アプリケーションの設定を変更する

要は再生するアプリケーションの設定の中にあるアクセラレータというものを無効にすればよいだけです。私のよく使用するWindowsメディアプレイヤーとVLCメディアプレイヤーの設定個所を記載しておきますが、バージョンによっては多少設定のある場所がことなります。

Windowsメディアプレイヤー

ツール-オプション-パフォーマンスタブ
ビデオアクセラレータを有効にするのチェックを外す。
又はビデオアクセラレータの個所の詳細を開き、アクセラレータの個所にあるオーバーレイを使うのチェックを外す。

メディアプレイヤーの再起動をすれば終了です。

VLCメディアプレイヤー(Ver2.2.1)

ツール-設定-ビデオ
オーバーレイのチェックを外す

VCLの再起動をすれば完了です。

他のプレイヤーなどでビデオアクセラレータの設定が無い場合は設定自体が出来ないのでしょうが、グレーアウトしているといった場合だとプレイヤーとビデオドライバーとの兼ね合いになると思いますのでビデオドライバーを再インストールするか最新のドライバーへ更新すれば設定できるようになるはずです。

最近はデジタルコンテンツの規制が厳しい為に、テレビ録画動画などはアプリケーション側でキャプチャーできない仕様になっている物もあります。

続きを読む