Windowsコロンブスの卵 


知っていれば簡単なこと。
知らなければすごいこと。
パソコン操作は習うより慣れろというのはわかると思います。普段私が使っているWindowsの便利なショートカットの紹介です。

Ctrl + C コピー
Ctrl + V 貼り付け
Ctrl + Z 一つ前の作業にもとる(やり直し)
Ctrl + P 印刷
Ctrl + F 検索
Ctrl + S 上書き保存

これは殆どのソフトで使える良く知られるショートカットキーですね。
他に慣れると

Ctrl + O ファイルを開く
Ctrl + N 新規作成

もエクセルやFlashなどで意外と使ったりします。最初は覚えられなくても使う頻度が高いのですぐに覚えられるでしょう。忘れたときはどうするの?いちいち調べるの?大丈夫です。たとえばエクセルを開いて画面の上のほうにあるメニューのファイル(F)
をクリックしてみてください。いっぱいあるでしょ?(笑)
自然と手が動くまではそこを見て「あ~そうだった!」と思ってくださいね。でも、分かったからといって次からなんて考えはよしましょう。きちんとショートカットで操作してください、これ重要です。習うより慣れろです。「見るだけ」と「戻ってでも使う」では全然違います。ショートカットはたくさんあるので、極めたい人は「エクセルショートカット」なんて検索すれば沢山ヒットしますので、色々試してください。エクセルのショートカットから入るとショートカットの便利さが良くわかるかもしれません。

色々ソフトを使っているとわかるのですが、Windowsのメニューバーって基本的なものは殆ど同じなんですよ。そして、メニューの中を見てみると同じショートカットもいっぱいあります。そうなんですよ!ソフトによってショートカットを覚えなおす必要があまりないんです!すごいでしょ!
だからといって、「エクセルでCtrl + Enter押してもムービーの書き出しができないぞ!」
とかいうクレームは無しの方向でお願いしますね。

覚えるまでは何がいいのかわからないかも知れませんが、ショートカット操作はかなり便利なことなので、覚えて損はないはずです。
それに、キーボードだけでエクセルの打ち込みをしていたらかっこいいでしょ(笑)

最後に、
何故WindowsとFlashだけが英語なのかは私にもわかりません。

おしまい。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/1-e469cb9e