XPは時代遅れ!? 

P55マザーレビュー当選にフレッツ光へ変更で実家と日本橋と家とを行ったりきたりした忙しい9月も終わり、でっかい台風も過ぎて大分涼しくなりましたね!
そういえば、いつもは予定通りドタキャンになる三重の友達も予定外に予定通りお家にお邪魔しました(爆)。
まだ買ったまま放置のパーツがあるのでやること満載ですヽ(・∀・)ノ

ascii.jp で紹介されていた UPS の APC RS 550 とかも欲しくなってきたりとか、P55マザーレビューやRV02購入でPCが一台増えたのでモニターを液晶テレビにしようと思ったらPC入力がないので液晶TVを買い換えようかとか、お金がいくらあっても足りません( ゚∀゚);',*;ガハ!!

話がいらぬ方向へいってますが、いろんな記事を読んでるときに昔の記事で「Windows Me はブロードバンドに適していないOSである」という記事をみかけました。
その頃はブロードバンド=ADSLでADSLに回線を変えてもOSが Me だとスピードが出ない事もある、というのは良く知られていることだと思います。私も量販店で働いていた時に「ADSLにしたならXPパソコン買ったほうが早いですよ」なんて話をしたことがあります。
そういう話は知っていたのに、先月に光回線に変えたときは XP で30MBほど出ているのに 2000 で10MBしか出ていなかったのに特に気にはしていませんでしたが、その記事を読んだ時にふと「2000 って光回線に最適化されてるのかな?」って思ったのです。
それで、Googleで検索していると「Vista だと80Mb出るのに XP だと30Mbしかでない」という記事を発見!2000 どころか XP も光回線に最適化されていないの!?と思って読んでいると、Vista はMTUとRWINが回線によって自動で設定されるが、XP 以前のOSは固定なので自分で設定が必要らしい。

MTUとは1回の転送で送信できるデータの最大値を示す値のことで、MTUを設定することでインターネット接続が早くなると言うのは知っていて、以前試しにやったことはあるが良く分からず断念した記憶がある(笑)
その時はパソコンを使い始めてまだ半年ほどだったのでよくわからなかったが、色々と調べてると結構できそうな感じがした。しかし、MTUだけでなくRWINという物の設定をしないといけないようだ。

XP が出始めた頃は光回線は料金が高すぎて一般家庭で使われる頃がなかったので、XP の設定もデフォルトでADSLで快適に使えるような設定になっているのです。
高速道路で例えると 100Km/h 出して良いところで、 60Km/h しか出してはいけないと思っているのと同じです。(スピード違反をすれば何キロでも出せるだろうというのは無しでw)
なので、光回線が当たり前になってきた現在では XP を買ったまま使っていると、光回線での本来のスピードを出せていない可能性があるのだ。とはいっても30Mb出ていて遅く感じることはそうはないと思います。
そういう意味で XP は今では時代遅れのOSということです(笑)
XP が使えないOSだということではありませんよ!

MTUやRWINの設定をするフリーソフトもあるみたいなので、今度試しにやってみよう。無線の2Mbは遅すぎるし効果があるはず・・・たぶん(爆)
それにルーターのファームウェアもアップした方が良さそうかな、5年前に買ったまんまだしw

またやることが増えたぜ( ゚∀゚);',*;ガハ!!

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/103-ad85200b