懲りずにキューブPCのCPUクーラー交換 

GF9300-D-EのCPUクーラー換装
    (ロープロメモリ購入編)

現在の状況

GF9300-D-EでSCBSK-1000を使うとメモリが2枚刺さらなくなるので、リテールクーラーでほっぱらかしでした。

SCBSK-1000換装前 SCBSK-1000換装前

ロープロメモリのJM4GDDR2-8Kを購入したので再びSCBSK-1000換装へチャレンジです。

JM4GDDR2-8K

取り付け開始

まずはSCBSK-1000を装着

SCBSK-1000

普通のメモリーではSCBSK-1000のヒートパイプが邪魔になって一番奥にメモリが刺さらないわけです。メモリを先に差しておくとSCBSK-1000のプッシュピンを押すことができなくなるので取り付けができなくなります。
プッシュピンを押し込む方法は無理をすれば何かしらありそうですが、取り外しが不可能になりそうです(・∀・;)

JM4GDDR2-8Kならば背が低いのでヒートパイプに当たることなく差込ができるのです。

SCBSK-1000

SCBSK-1000を取付けできたので、CPUクーラーのファンをUCAP12に変更しました。

SCBSK-1000

これで、パーツ関連の問題は解決したわけですが・・・

SCBSK-1000

ケースに微妙に収まらないのを忘れていたわけで・・・(・∀・;)
とりあえず、ケースは閉まるのでOKとしておきます(笑)
フロントファンもUCAP12に交換して完璧ですヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

SST-SG05へ組込み SST-SG05へ組み込み

SST-SG05へ組み込み SST-SG05へ組み込み

構成

【ケース】:SilverStone SST-SG05B(80 PLUS30W電源搭載)
【ケースファン】:ENERMAX APOLLISH UCAP12
【マザーボード】:ZOTAC GeForce 9300-ITX WiFi (GF9300-D-E)
【CPU】:Intel Pentium Dual-Core E5300 BOX(2.6GHz)
【メモリ】:Transcend JM4GDDR2-8K(DDR2 PC2-6400 2GBx2)
【CPUクーラー】:サイズ SCBSK-1000
【CPUクーラーファン】:ENERMAX APOLLISH UCAP12
【HDD】:HGST Deskstar 7K160 HDS721616PLA380 (160G SATAII300 7200)
【光学ドライブ】:無し
【OS】:Windows Vista Uultimate

問題点

その1.メモリを交換したらCPU温度が40℃のまま変化せず、モニタリングができなくなってしまいました。
付加をかけても41℃のままです。
Windows7RCの為かと思い、Windows Vista Ultimateをインストールしたみたのですが相変わらず41℃に固定されたままです。

2010年07月29日追記
CPUのコア温度が41℃に固定されているのではなく、DTSの問題で41℃以下が測定できないようです。真冬で室温が22℃ほどの時に測定したので負荷をかけた状態でも41℃以下だったようで、室温が28℃になった状態で再びOCCTで負荷を掛けてみたところ41℃以上の状態の時には温度計測が可能でした。

その2.ケースカバーがCPUクーラーが1mmほど飛び出ているのでキチンと閉まらない。

動作は問題ないのでぼちぼち考えていくことにします。

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/127-4e213367