45nmプロセスCPU 

CPUが45ナノ版になって変わったこと

45nm(ナノメートル)とは、CPU内部回路で使用されている部品(トランジスター)内の回路の大きさを表したもの。これが短いほど、より高いクロックでCPUを動作させることができるよになる。
65mnと比べて45nmではSSE4.1など機能が増えたが、これも微細化のおかげなのです。(1nmは1ミリの100万分の1。45nmはインフルエンザウィルスが約100nmでその半分以下の大きさらしい)

SSE4.1をサポート

動画エンコード速度などを向上させる拡張命令セットSSE4.1をサポートし、対応アプリケーションを使えば、劇的な性能向上が期待できるようになった。

2次キャッシュの増量

デュアルコアが4MBから6MB、クアッドコアが8MBから12MBへ増やされたことでパフォーマンスが向上している。

コレまでのアプリケーションにも恩恵

内部構造の改善も行われたおかげで、SSE4.1非対応アプリケーションでも、65nm版のコア2シリーズよりも高速に動作させることができるようになっている。
参考:E8400は45nmCore2Duo3GHzでE6850は65nmCore2Duo3GHz。同じクロック数でもE8400の方が性能は良いといえる。

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
相性保証で安心、ネットで買える自分だけのカスタマイズPC/パーツも豊富!
フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)

"秋葉Direct.com"は秋葉ならではの、特価商品多数掲載しています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━━━

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/13-91b8ab21