Windows起動時にソフトを自動で立ち上げる 

スタートアップから自動実行

WindowsにはスタートアップというWindows起動時に自動的にソフトを起動する機能があります。
アウトルックエクスプレスなど起動と同時に立ち上げたくても、その設定が無いソフトで使用すると良いでしょう。
逆にメーカー品のパソコンを買うと広告みたいな物が沢山デスクトップに現れて、消しても再起動すると再び出現してしまう物があると思います。これはスタートアップに登録されているからです。スタートアップから削除することによって再起動しても立ち上がらなくすることができます。
スタートアップには二種類あり、簡易的に使えるスタートアップフォルダとmsconfigというサービスがあります。メーカー品のパソコンで登録されている物はmsconfigに登録されている場合が多いので少し慎重に削除しなくてはいけません。

スタートアップフォルダ

Windows XP/200/Me/98

[スタート] - [プログラム] - [スタートアップ]の中になるショートカットのアプリケーションがWindows起動時に自動的に起動されるので必要なければ削除し、自動起動させたければそのフォルダの中にショートカットをコピーすれば作業は完了です。

スタートアップフォルダを右クリックして「開く」を押せばフォルダが開きます。
「開く(O)」「開く-AllUsers(P)」の違いは
「開く(O)」→現在ログインしているユーザーのみに適用
「開く-AllUsers(P)」→全てのユーザーに適用
となりますので、複数のユーザを使用している場合で自身の時にのみ設定したい時は「開く(O)」の中に登録してください。

ユーザ設定
C:\Documents and Settings\(ユーザ名)\スタートメニュー\スタートアップ

AllUsers設定
C:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ

スポンサードリンク

 

Windows Vista/7/8/10

[スタート] - [プログラム] - [スタートアップ]を右クリックして開くことによって登録できます。
「開く(O)」「開く-AllUsers(P)」の違いもXP以前のバージョンと同じです。

ユーザ設定
C:\ユーザー\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタート メニュー\Programs\スタートアップ

AllUsers設定
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\スタート メニュー\Programs\スタートアップ

しかし、Vista以降のOSではUACの制御が働くためにスタートアップに登録しても起動しないアプリケーションが多数存在するようです。

システム構成ユーティリティ

(Windows2000にはこれに相当する簡易ツールはありません。)
システム構成ユーティリティを使用して自動実行する方法は知りませんが、自動実行の登録がされているアプリケーションを自動実行しないように設定することができます。
起動するにはAdministrator または Administrators グループのメンバとしてログオンする必要があります。
スタートメニューの中の[ファイル名を指定して実行]又は[プログラムとファイルの検索]にmsconfigと入力して実行するとシステム構成ユーティリティが立ち上がります。

システム構成ユーティリティ

Windowsのどのバージョンでも殆ど同じ様なものです。
スタートタブの中に登録されているアプリケーションから起動させたくないもののチェックを外すわけですが、大変分かりづらいです。又、間違って削除してしまうとWindowsが起動しなくなったり、動作が不安定になる恐れがあるものも含まれますので、確実に分かるという場合以外はチェックを外さないようにお願いします。

広告などうっとうしいものはコントロールパネルの中のプログラムの追加と削除からアンインストールしてやるのが一番安全な方法だと思います。

レジストリ

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run

こちらのレジストリへ登録すればAllUsersのスタートアップフォルダへショートカットを作成した時と同じ動作になります。

次のレジストリへの登録では管理者でログインした場合に初回のみ実行されます。
実行されたのちにRunOnceのキーは削除されます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunOnce


グループポリシー

こちらの設定ではWindowsへのログオン時ではなくWindowsの起動時に実行されるようなので通常のスタートアップとは違った使用方法になると思います。

グループポリシーエディタを起動します。

「コンピュータの管理」 - 「Windowsの設定」 - 「スクリプト(スタートアップ/シャットダウン)」の中にある「スタートアップ」を開きます。

「追加」ボタンを押してOS起動時に実行させるプログラムを指定します。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/132-cc5a39f0