HANA Micron H2PM064G-00 レビュー 前編 

PCパーツ長者で当選したIDEタイプのSSD

coneco.netのPCパーツ長者で貸し出ししてもらったHANA Micron製2.5インチSSDのH2PM064G-00ですが、最初に送って頂いた製品が初期不良(前回までの記事)で交換してもらいやっとこさ私のMG-13DのSSD化に成功しました。
下調べをしていると、このSSDは速度的には評判がよいようですがUDMA2病を発病しやすいらしく解決できない場合は本来のSSDのスピードがでないので少々不安がありました。取りあえずはBIOSの設定でUDMAの設定変更ができれば問題ないようです。

仕様

ATA100仕様の場合はUDMA5
ATA133仕様の場合はUDMA6
ジャンパーピンでスレーブとマスターの設定をします。

注意

Let’s note CF-R3、CF-R4、CF-R5でHANA MICRON SSD 64G IDE H2PM064G-00はそのままでは使えないという報告があります。
電圧の違いなどピン折りを行っても正常動作致しないらしいです。常動作をさせるには基盤の改造をしないといけないということでしょうか・・・詳細は不明です。

付属品

仕様書(英語・韓国語)

外観

H2PM064G-00 H2PM064G-00

H2PM064G-00

認識状態

初期不良時

これDO台MASTERでイニシャライズできない。
ノートパソコンに取り付けしてリカバリー開始するも記憶領域がないとエラーがでる。
HDDケースでパソコンとUSB接続しても認識しない。

正常時

これDO台MASTERでイニシャライズできない。
ノートパソコンに取り付けしてリカバリー成功。
HDDケースでパソコンとUSB接続して使用可能。

インストール開始

これDO台MASTERを使用して丸々コピーしたかったのですが、無理そうなのでリカバリーして初期常態から設定することにしました。
アップデートやインストールを行うと断片化が進むので、リカバリー完了後直ぐにプチフリ対策をします。

設定途中に再起動をしている時に起動がそんなに早くないぞ!?と思ったので、噂のUDMA2病を発病していないかチェックすると見事に発病(笑)

UDMA2病の処置の方法は調べてあったBIOSの設定だけでなんとか解決しました。半田付けとかしなくてはいけない方法は道具もないので無理ですし、このSSDについての詳細情報はないので私の手には負えません。

MG-13DではBIOSのメインのプライマリマスターの箇所でハードディスクの接続設定ができます。

MG13Dのプライマリマスター設定

初期値は自動になっていてグレーアウトしていましたが、スペースキーを押すことで値の変更ができる画面へ切り替わりました。
MG13DはUltra ATA/100接続なのでUDMA5に設定します。

動作状態

HTS721080G9AT00

まずはハードディスクの時の環境状態から説明すると、物理メモリは1.03GBでコミットチャージが常に最大で700MB以下なのでスワップは起きてません。

タスクマネージャーでコミットチャージ確認

ハードディスクの状態も2年ほど使用している物ですが特に異常は無し。

ハードディスクの健康診断

現在は少し断片化してはいますが、年に数回はデフラグはしています。Windows標準のデフラグなのであまり意味がないかも(笑)

デフラグ分析

CrystalDiskMark

ハードディスク時のCrystalDiskMark

H2PM064G-00

以下のベンチマークはリカバリー直後の値です。
UDMA2の時のCrystalDiskMark

UDMA2時のCrystalDiskMark

UDMA5の時のCrystalDiskMark
コチラが本来のスピードです。ハードディスクに比べて格段に速くなっています。

UDMA5時のCrystalDiskMark


UDMA2病も治りWondowsアップデートをしようと思ったその時!
せっかくSSDに換装したのにリカバリーした状態の速度しか体感できないのであればですよ、SSDにしたから速くなったんだかリカバリーして速くなったんだかわからないじゃない!って言うほど分からない分けではないですが、やはりHDDの時の状態のままSSDへ移行した速さを体感できなかったモヤモヤした物が残るのが嫌なわけです。それにMG13Dのリカバリーでは64GB全てをCドライブに割り当てできないので、リカバリーして使う意味があまりないしアップデートやソフトのインストールが面倒なのです(爆)

ということで、次回はHDDからSSDへ丸まるコピー編と今回実施したプチフリ対策の詳細になります。

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/139-c33863fe