Windows Live Mail へ移行方法 

OutlookExpressからLiveMailへのデータ移行

OutlookExpressでの準備

メールデータのバックアップ

メニューバーの[ツール] - [オプション]からメンテナンスタブの「保存フォルダ」を開きます。
そこに記載されている場所にOutlookExpressのメールデータの保管されています。デフォルトの場所は奥深いので、パスはドラックできるのでコピーして「ファイル名を指定して実行」に貼り付ければ簡単にアクセスできます。

Outlook保存場所

上へボタン一つ上へボタンを押して一つ戻り、Outlook Express フォルダごとコピーして保存しておきます。

アドレス帳のバックアップ

メニューバーの[ツール] - [アドレス帳]からアドレス帳を開きます。
アドレス帳のメニューバーの[ファイル] - [エクスポート] - [アドレス帳(WAB)]をクリックしてアドレス帳データを保存します。

LiveMailへインポートする

メールデータのインポート

LiveMailを立ち上げて[ファイル] - [インポート] - [メッセージ]を開きます。
Windwos7でメニューを表示したい場合はAltキーを押してください。

LiveMailへインポート

Microsoft Outlook Express6を選択して「次へ」

LiveMailへインポート

全てのフォルダー又は、移行したいフォルダを選択(Ctrlを押しながら複数選択可能)し「次へ」

LiveMailへインポート

完了です。

LiveMailへインポート

インポートされたメールデータは保存フォルダーの中の[インポートされたフォルダ] - [ローカルフォルダ]の中に保存されているので、自由に移動してください。


アドレス帳のインポート

LiveMailのアドレス帳を開きます。
[ファイル] - [インポート] - [Windowsアドレス帳(WAB)] をクリックしてOutlookExpressでエクスポートしたアドレス帳データを取り込めば完了です。

関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/167-4dbe2882