Ainex HDC-501WHレビュー 

ハードディスクを熱から守る

HDC-501WHは5インチベイ2段を使用してハードディスクを3台まで取り付けできて、フロント部分に80mmファンが付いているのでハードディスクの冷却もバッチリできます。

夏場だと常時30℃を超える部屋で動いている「JDP220」ですが、パソコンケースが安価な物の為にケース内冷却が悲惨な状況になっています。

当初エアーフローを保つ為に前面吸気用として購入したHDC-501ですが、ハードディスクの温度が40~50℃と高温になり危険なのでハードディスクを冷却することにしました。

仕様

占有5インチベイ:2段
設置可能ハードディスク台数:3台
搭載ファン:80mm(取り外し可能)

HDC-503WH取付け

ハードディスクを取付け
一台だけなのでファンの風がハードディスクの裏面を通る様に一番上に取り付けました。

HDC-503WHハードディスク取付け

裏側

HDC-503WHハードディスク取付け

80mmファンはハードディスクを取り付けた後でも取り外し可能。

HDC-503WHファン

80mmファンは間に挟まっているだけでネジなどの固定は無し。

HDC-503WHファン外し後

80mmファンにはアルミのファンフィルターがネジで固定されています。市販されているCFA-80と同じ物です。

HDC-503WHファン

ファンはSleeve BearingのS01138812L-3Mです。

HDC-503WHファン

HDC-501シリーズは2009年2月に販売終了して、現在は後継機HDC-503シリーズになっています。
前面開閉式でフィルター交換も取り付けたままできるようです。
アルミフィルターのCFA-80も販売終了でCFA-80A-SVが後継になります。

HDC-501WHをケースの5インチベイへ取り付け。
ツールフリーケースなので固定は固定器具でしましたが、ぐらぐらするのでネジ留めの方がよいかもしれません。

HDC-503WHをケースに取付け

ケース下部のシャドーベイからHDC-501WHへ移動した際のハードディスク温度の変化です。
室温26℃時で42℃辺りから35℃まで温度が低下しました。

HDC-503WH取付け後の温度

ハードディスクは一番熱に弱いのでエアーフローの悪いケースではハードディスクだけでも外気を直接あてて冷却しておきたいところですね。

参考記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/173-98c348cc