R120-V3BK レビュー前編 

3R SYSTEM R120-V3 Rohs
       (R120-V3BK)

R120-V3

3度目のconeco.netのPCパーツ長者当選で貸し出ししてもらったR120-V3です。
8000円弱の比較的安めのパソコンケースですが、トップに120mmファンが2つ付属していてなかなかよさげです。

付属品

3インチ用マウンター:1
小物付属品はジッパー付ナイロンケースに入っています。
取り扱い説明書は韓国語のみ
6ピンCPU補助電源延長ケーブル:1
ケーブル結束バンド:2
ケーブル固定具:1
マザーボードブザー:1
その他、ミリネジ・インチネジ・スペーサーが多めに入っています。

R120-V3 付属品 R120-V3 付属品

外観

梱包

大きさの割りに軽いような気がしました。
ダンボール箱ですが、割としっかりしています。ケースはナイロン袋で包まれており、その外に発泡スチロールでガードされています。

R120-V3 梱包

フロント

値段なりのデザインといったところでしょうか。実物は写真よりも安っぽい感じはないですね。

R120-V3

フロントパネルを開けるにはネジを8つ外さなくてはいけません。

R120-V3

フロントファンにはフィルターが付属されていて、取り外しも可能です。

R120-V3 R120-V3

フロントパネルはメッシュになっているので、着いていた金具は全て取り外しました。

R120-V3

5インチベイは4つで、3インチシャドーベイが1つ、ハードディスクゲージは3台分です。

トップ

トップパネルには120mmファンが2つ付属されていて、ファンコンも付属しています。

R120-V3

ファンコンはLOWとHIGH、さらにSTOPがありファンを止める事も可能になっています。

R120-V3

トップファンは軽くはまっているだけなので交換も可能です。
ファンからファンコンへは2ピンで接続されているのでファン交換してファンコンを使用する場合は少々改造が必要になります。電源はペリフェラル4ピン接続です。
トップパネルのUSBポートは背面へUSBケーブルが伸びており、マザーボードのUSBポートへ接続することで使用可能になります。
2つUSBケーブルがありますが、USBケーブルを1つしか挿さないと1つのUSBポートしか動作しなかったので1ポートにつき1USBケーブルのようです。USB電源対策で2つあるわけではないようです。

R120-V3 R120-V3

サイド

サイドパネルには120x240mmの通気口があり、フィルターも付属されています。
R120-V3 R120-V3

フィルターを固定しているのはギザギザの着いたネジ状の物です。最初外れないのかと思いましたが、フィルターを強引に引っこ抜けば取れます(笑)
固定具の長さがあるので、サイドパネルにファンを取り付けたい場合は、フィルーターの上から120mmファンを押し込んでやれば取り付けもできました。

R120-V3 R120-V3

5インチベイは半端なツールフリーで2つ分しか付属していません。
ストッパーも固いところがあったりとあまり使い易くはないです。

R120-V3

裏面にはCPUクーラー取り付け用の穴と裏配線用の穴とスペースもあります。

R120-V3

リア

特に変わったところはありません。リアファンもペリフェラル4ピン接続になります。

R120-V3

ハードディスクゲージ

初めて見たときにはどうやってハードディスクを取り付けるのか全く分かりませんでした(ノェ)コッソリ

R120-V3 R120-V3

KILL VIBRATION機能
文字通り振動を殺す機能としてハードディスクを直接ハードディスクゲージに取り付けるのではなく、ハードディスクゲージからバネが出ており、バネの先が小さい円状になっていてそこへネジ留めでハードディスクを取付けします。
ハードディスクの振動をバネが吸収してしまうので振動がケースへ伝わらない仕組みのようです。
ハードディスク動作中にハードディスクゲージに触れてみましたが、全く振動は感じられませんでした。

R120-V3

ハードディスクゲージは取り外すときはなんともなかったのですが、初めて填める時に入らなくて戸惑いました。 シャドーベイの底を少し持ち上げてやるとすっと入りましたが、この辺は安っぽさを感じずにはいられません。

ボトム

ケース底には通気口が2つあり、1つは電源ユニット部分でもう1つはハードディスクゲージ下から中心にかけて110x150mmほどです。両方ともケース外側の底にネジ留めとスライド式でフィルターが設置されています。
吸気用のファンの設置は考えられてないのか設置穴はありませんが、80mmファンなら内部底面へ取り付けるスペースはあります。

R120-V3

付属ファン

付属ファンは4つともに同じ物になります。3R SYSTEM製のオメガファン?詳細は不明です。
フロントファンとリアファンはペリフェラル4ピン接続でトップファン2つは2ピン接続でファンコンへ接続されています。ファンコンからはペリフェラル4ピン接続です。

R120-V3付属ファン R120-V3付属ファン

関連記事


この記事へのコメント

Re:R120-V3BK レビュー前編

5インチベイに取り付ける3.5インチ変換パネルは設計ミスがあり、縦方向で約3mm削らないと、フロントカバーが収まりませんでした。また5インチの前面空きスペース用カバーも装着性が悪くすぐ奥側にズレやすくなっています。ただHDDのマウント方式はとてもよくできていて、HDDの寿命に対して良い結果が出そうです。いろいろケチを付けましたがケース内の温度低下のための天井ファンなどいいこともいっぱいで楽しいケースです

Re: Re:R120-V3BK レビュー前編

TOTOさんこんばんわ

3.5インチマウンターはフロントパネルをつけたまま取り付けたことがありますが私の固体では特にもんだいなかったですよ(・∀・)
ロットによるものでしょうかね。

不満はあれど3Rの製品ということを考えればかなり良い製品だとおもいます(笑)
  • [2012/12/11 23:01]
  • URL |
  • 管理人わーとん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/179-31ba2fdb