Windows 2000の終焉 

Windows 2000を使い続けるのは危険

Windows 2000とWindows XP ServicePack2(SP2)が2010年7月13日(米国時間)にサポート終了を迎えてしまいました。
サポートを打ち切られたOSはレガシーOSと呼ばれます。

Windows XPの場合はServicePack3(SP3)を適用すればよいわけですが、Windows 2000の場合は完全に終了です。

2010年7月サポート終了についてのご案内(Windowsサポート)

マイクロソフトもWindows 2000に関して、発売以来10年間サポートを提供してきたので、これ以上の延長はないとしています。
しかし、企業などのサーバに加えクライアントして稼動しているパソコンは現在でも15万台以上あるとのこと。 今回のサポート終了の告知は10ヶ月前に行われていましたが、不景気の中、特にサーバを入替える場合は業務システムの入替えも余儀なくされる場合が多いので、そう簡単に入替えはできないようです。

マスコミの報道では危険だと分かっていても予算が無いのでどうしようもない、被害に合わない事を祈るのみだとか言っているところもあるみたいですが・・・ウィルス感染って自分自身(会社)の問題だけで済まない場合が多いんですよね。

セキュリティ更新プログラムが提供されなくなるという事は、脆弱性があっても修正されないのでOSに穴が開いたままの状態で日々私用しなくてはいけないわけです。セキュリティ対策ソフトが役に立たないわけではありませんが、基本的な解決になっているわけではありません。

例えば、家には警備会社の警備システムが入っていたとします。
2階の窓の鍵が壊れてしまったけど直すお金がありません。警備システムを入れているし、2階だからまぁ良いだろうと思っていたら、2階の窓から侵入者があり荒らされてしまいました。実は、警備システムは1階しか警備していませんでした。
なんて笑い話では済みませんよね。例え話が正しいかは微妙な所ですがOSがサポートされなくなるということは大きな問題なのです。
今回と同じようにサーバとして使用されていたWindows NTのサポートが切れた後には、ブラスターウィルスによる被害が拡大したようです。

2009年はサイトの改ざん事件が目立っていました、今年もウィルス騒ぎが多くなりそうな予感です。

といっている私も1台Windows 2000端末を所有しているわけで、これからはスタンドアローンとして使用するしかなさそうです。

Microsoftの2種類のサポート

メインストリーム フェーズ

標準的なサポートであるメインストリーム フェーズは、Microsoft社が提供している一般的なサポートです。
・製品発売後に最低5年間がサポート期間
・顧客からの修正要求・仕様変更の受付
・無償サポート
・有償サポート
・セキュリティ修正の提供

延長サポート フェーズ

メインストリーム終了後に延長サポート フェーズが用意されています。
・メイストリームサポートフェーズ終了後 5 年もしくは、次々期製品が発売されて 2 年のどちらか長い方
・有償サポート、無償提供のセキュリティ更新プログラム サポート、オンラインセルフヘルプサポート情報を利用可能
・有償にて製品サポート、修正プログラム サポートを提供してもらえますが、延長修正プログラムサポートはメインストリームサポート期間終了後 90 日以内に申し込みが必要
・セキュリティ更新プログラムは延長サポートフェーズが終了するまでの最短 10 年間入手可能
・延長サポートフェーズの 3 年目以降はダウンロードセンターからのみの提供となりますが、深刻な問題として判断する緊急なセキュリティ更新プログラムに関しては、3年目以降もWindows Updateから提供される場合があります

参考記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/182-6b2e532c