プチフリ対策の詳細 

設定項目の目的を把握する

XPでのSSDのプチフリ対策エントリーでやるべき設定方法は記載しましたが、その設定はいったいどういった設定なのかを見ていきたいと思います。

仮想メモリ

プログラムや読み込みファイルの一時ファイルが物理メモリに読み込まれますが、物理メモリの容量が足りなくなると、ハードディスクへメモリの代わりに退避させて物理メモリの領域を確保するようになります。そのハードディスクの領域を仮想メモリといいます。
SSDに仮想メモリを設定すると書き換え回数が増えるので、仮想メモリを無効にしようというわけです。もちろん、仮想メモリを使用しないで良いくらい大容量の物理メモリを搭載する必要があるので、物理メモリの容量が心配な場合はシステムドライブ以外へ仮想メモリを設定するのも良いかもしれません。

システムの復元機能

復元ポイントが自動で作成されたり、手動で作成した場合System Volume Informationの中へ復元用のファイルが作成されます。
Windows標準の復元はあまり性能は良くないので、なくても良いだろうということで無効にしてしまおうというわけです。
※尚、System Volume Informationはフォルダオプションで「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックを外さないと表示されません。

ドライブのファイルインデックス

パソコンでアイドル状態の際に自動的にパソコン内にあるファイルやフォルダの「索引」を作り、検索の高速化を図ろうというものです。
Windowsの検索機能もたいした機能ではありませんし、一般ユーザが索引を作ってまで検索を有効活用することもそんなにないでしょう。

ディスクの書き込みキャッシュ

遅延回避のために一時的にディスクにデータを蓄えておく機能ですが、SSDのような高速なディスクの場合は必要なくプチフリ対策として無効にするほうが良いという意見もあります。しかし、SSDによってはディスクの書き込みキャッシュが有効になっている方がパフォーマンスがあがる場合もあるので特に支障が無ければ有効にしておいたほうが良いでしょう。

また、Windows2000やWindowsXPでは書き込みキャッシュに対応したハードディスクであっても、ディスクの書き込みキャッシュを有効にしているとパフォーマンスが低下する場合があるようなので、ハードディスクでも無効にしておいた方が良い場合もあるようです。

Microsoftサポート オンライン
書き込みキャッシュが有効な場合、ディスクパフォーマンスが低下する

自動デフラグ

WindowsXPからはキーボードやマウスなどの周辺デバイスが入力待ちの状態を利用して、ハードディスクを自動的に最適化する機能が備わっています。
なにも操作していないのに、やたらハードディスクのアクセスランプが点滅している場合は、自動デフラグが実行されている場合が多いです。
Windowsのデフラグ機能は性能がよくないのと、SSDには通常はデフラグする必要ないので止めてしまいます。

Prefetch機能

Windows XPから搭載された新たな機能で、OSやアプリケーションの起動時のディスクアクセスを監視し、ディスクがどのようにアクセスされるかを調査しておき、次回からはその情報を元にして、ディスク内のプログラムコードなどを先読みしてメモリにロードする機能です。
アクセス速度の速いSSDの場合には不要というわけです。

システムファイル再配置

起動用ファイルを最適化してWindowsの起動を安定させる機能ですが、自動デフラグ同様SSDではランダムアクセスが早いので必要ありません。

最終アクセス日時の更新

WindowsのNTFSファイルシステムでは、作成したファイルの属性として、作成日時や更新日時に加えて最終アクセス日時(last access time)という情報が記録されている。
頻繁にアクセスする一時ファイルの最終アクセス日時の書き換えは無駄なので無効にしてしまいます。

8.3形式(MS-DOS形式)のファイル名

現在のWindowsの仕様では、最大255文字までの長いファイル名やフォルダ名をサポートしていますがMS-DOS時代やWindows初期の頃は 8.3形式(ファイル名8拡張子3)の短い名前しか利用できませんでした。その後長い名前も扱えるようにファイルシステムが拡張されましたが、互換性のために長い名前と同時に内部的には短い名前も保持するようになっています。
領域の無駄遣いにもなるので8.3形式のファイルは作成しないようにします。

一時ファイル

アプリケーションのインストールやアプリケーションの起動などで一時ファイルが作成される事があります。
初期設定ではDocuments and Settingsのユーザフォルダの中のTEMPやTMPフォルダに作成されるので、RAMディスクやシステムドライブ以外に変更することによって、無駄な書き込みを減らします。

関連記事


この記事へのコメント

Re: プチフリ対策の詳細

お世話になっております。

ひとつ質問なのですが、
ディスクの書き込みキャッシュの無効化は、
SSDの延命に有効なのでしょうか?

色々なHPで、SSDの延命のために無効にすべきと書いてあるのですが、
なぜ延命につながるのか、いまいち理解できません。

以前見たあるHPによると、
ディスクの書き込みキャッシュとは、それを有効にすることで、
すぐにSSDやHDDやUSBメモリなどのディスクに書き込みを行わず、
その代わりに一時的にメモリ上で処理を行い、
時間を置いてからSSDやHDDやUSBメモリなどに書き込みを行うものだと説明されていました。
その説明を読んで、SSDの延命でよく出てくるEWFに似た機能だと理解しました。

もしその理解が正しければ、
書き込みキャッシュを有効にしても
SSDへの書き込みが増える訳ではない(むしろ場合によっては減るのでは?)と思うのですが、
実際のところ、どうなのかご存知でしょうか?

ぶしつけな質問で申し訳ありませんが、教えていただけるとうれしいです。

Re: Re: プチフリ対策の詳細

まみるさんこんばんわ

プチフリ対策の記事は私が色々なサイトや雑誌から有効である項目をまとめたつもりでした。もう一度調べてみたところ、「ディスクの書き込みキャッシュ」に関しては昔の安価なMLCタイプでのプチフリ対策として、効果はないかもしれないがやってみると良い程度のおまじないみたいな感じらしいですね。
他には、一時ファイルやページファイルと勘違いしている?的なことかもしれないというのも見つけました^^;

逆に現在のMLCタイプのSSDは性能も良くなっており、ディスクの書き込みキャッシュを無効にした場合パフォーマンスが落ちる事もあるようです。

延命という事で考えるとディスクへの書き込みが減るわけではないので効果はないですね^^;

かなり古い情報も盛り込んでいたために都市伝説的な対策も入ってしまっていたようです。

結論としては、SSDによっては「ディスクの書き込みキャッシュ」の有無でパフォーマンスが変化する物もあるようなので、各自の構成でベンチマークが早いほうでよい!ということですかね(笑)

ありがとうございました。
  • [2010/12/09 21:58]
  • URL |
  • 管理人わーとん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: プチフリ対策の詳細

お答え有難うございました。

やはり延命には関係ありませんでしたか。
しかも、パフォーマンス的にも悪影響が出る(場合もある)と。
仕組み的にやっぱりそうなりますよね。
USBメモリなんかは書き込みキャッシュ有効の方が圧倒的に早くなるということですし。
ttp://kedo.a-thera.jp/article/499387.html
ttp://d.hatena.ne.jp/As_hsp/20100714/1279126014

長らくもやもやしていたのですが、わーとんさんに同意していただけたことで、
すっきりしました。

どうもありがとうございました。

Re: Re: プチフリ対策の詳細

効果が期待できる見込みがない可能性のある書き込みキャッシュの有無に関しては少し記事を修正しておこうと思います。

しかし、他の設定もこっちを立てればあっちが立たずと、その設定がどういう意味があるのかをきちんと理解してないといけないのでなかなか難しいですよね。
  • [2010/12/11 02:05]
  • URL |
  • 管理人わーとん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/184-cc68a43a