FOXCONN R10-D2 レビュー後編 

R10-D2で色々テストしてみる

R10-D2レビュー前編に続いてセットアップとテストをしていきます。

ドライバ

Windows7標準のドライバだけでは微妙なので、付属のドライバをインストールしていきます。

インストールした物はチップセットドライバとオーディオドライバ、LANドライバ、ビデオドライバです。RAIDドライバもありますがRAIDは組まないのでインストールしません。

R10-D2ドライバ

ドライバインストール後にエクスペリエンスインデックスを更新してみるとグラフィックス:3.3とゲーム用グラフィックス:3.0に評価が上がりました。

エクスペリエンスインデックス

プロセッサが0.1下がっているのは機嫌が悪かったのでしょう(笑)

ちょっと気になったので、intelの方で最新のドライバがあるか確認してみたところグラフィックドライバが出ていたのでインストールしました。
8.14.10.1929→8.14.10.2117 (2010/08/26)

インテル GMA 3150 最新のダウンロード
URL:http://www.intel.com/p/ja_JP/support/highlights/graphics/gma3150

インストールが完了すると画面が真っ暗になってしまい5分経っても真っ暗なままなので強制終了・・・起動しなおしてもう一度確認するとドライバは最新にはなっていました。デバイスマネージャも問題無しなのでエクスペリエンスインデックスを更新してみましたが評価は変わり無しです。

DirectX

DirectXもMicrosoftから最新にアップデートします。
URL:http://www.microsoft.com/japan/directx/default.mspx

R10-D2 DirectX

負荷テスト

CPU:OCCT30分(室温29~30℃)
CPU1:Max65℃ Min51℃
CPU2:Max65℃ Min50℃

R10-D2 CPU:OCCT

高負荷時はまずまずですが、アイドル時は結構熱いですね・・・GPU内臓なのでこんな物なのでしょうか。

先日パーツ長者で頂いたR120-V3の5インチベイのパネルがメッシュなので、光学ドライブ取り付けの為に取り外した物を使えるじゃない!

R10-D2

取付けしてみるとなかなか奥まで入っていかない・・・奥行きは少し違いますが、大きさは同じです。無理やりねじ込もうとしても入りませんでした。
問題はR10-D2の5インチベイのところが少し段になっており、狭まっているせいでした
ガ━━━━━━(= ̄д ̄=)━━━━━━ン!!

R10-D2

半分以上飛び出てしまいすぐに外れてしまいます。アイドル時の温度はおいおい考えていくことにします。

R10-D2

搭載電源

CPU:OCCT時のHardwareMonitor読み
+12V:Max 11.78V / Min 11.68
+5V:Max 4.91V / Min 4.81

インテルの電源ガイドラインだと規定の±5%とのことなので、+12V、+5Vともに安定している範囲といえるのではないでしょうか。

+12Vの振れ幅は0.1V、+5Vの振れ幅も0.1V、VCOREの振れ幅は0.03Vでした。

R10-D2 HardwareMonitor

ベンチマーク

CrystalMark2004

R10-D2でCrystalMark

ゲームベンチ

ゲームをプレイする場合はどれくらいの物ができるのか、ということでベンチマークを実行してみました。
しかし、DEVIL MAY CRY4にモンスターハンターフロンティア、真三国無双ベンチマーク全てシェダーエラーで実行できませんでした(・∀・;)
軽めの3Dゲームならできるだろうと思ったのですが、シェーダモデルが対応していないようで実行すらできませんでした(笑)

R10-D2 シェダーエラー

ゆめりあベンチ
2024x768歳高画質:2621

R10-D2 ゆめりあベンチ

ゲームするなら2DのMMOやブラウザゲームといったところでしょうか。後はハンゲーム開発のゲームなら問題なしかな。

ちょこっと調べてみるとAtom D510はPCI Express x1サポート、Atom 330はPCI Expressx16サポートらしいので、先にAtom D510とAtom 330は同じような物と記載しましたがPCI Expressx16をサポートするAtom 330の方が拡張性はありますね。
ATOMを使ってPCI Expressx16のグラボを増設というのもないと思いますが、PCI Expressx16仕様ボードを追加考えている場合はAtom D510は避けたほうがよいかもしれませんね。CPUが非力なだけにPCI Expressx16を使うことはあまりないか(笑)

関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/189-b4e106a8