USB3.0製品購入に注意! 

似非USB3.0コントローラが出回っている!

2010年も半ばを過ぎてUSB 3.0ポート搭載マザーボードの販売数も少しづつ増えてきました。買い替えを考えている人の中には、次はUSB 3.0ポート+SATA3搭載マザーボードで!という人もいるでしょう。

しかし、現在発売されているマザーボードの中にUSB 3.0の認証を得ておらず、下位互換性が確保されていない物が存在するらしい。
USB 3.0の認証を得るには、USB-IFが設置するラボ(Platform Integration Laboratory)に対象機器を持ち込み、プロトコル準拠性・電気特性・相互接続性などのテストを受ける必要があるのそうです。2010年8月の時点ではUSB 3.0認証を得ているコントローラは「μPD720200」のみという事です。

しかし認証を得ていない「FL1000G」というコントローラを搭載した物があり、USB 3.0が2ポートあるうちの1ポートしか使用できない問題やiPodをデバイスとして認識しないなどのトラブルが発生するうえに、速度もμPD720200と比べて若干劣るということなので他にもまだまだ問題点がありそうなコントローラです。

分かっている製品としてはASRock製のマザーボードの 880GXH/USB3マザーボードや880GMH/USB3マザーボード、H55M/USB3マザーボードの低価格の物のようです。ASRock製のマザーボードでもハイエンドの製品ではμPD720200を採用しているようなので確信犯?そもそも認証を得てない製品を認証されている風に販売するのは法的に問題はないのだろうか・・・

ASRock製に限らずマザーボードや拡張ボードの購入の際にはロゴやUSB 3.0の表記だけではなく必ずUSB 3.0のコントローラに「μPD720200」が採用されているか確認しましょう。(2010年8月)

参考記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/191-084851e6