BootTimer 

パソコンを自動で電源ON!

BootTimer
サポートページ:http://hp.vector.co.jp/authors/VA022629/
BootTimer使用説明書

自動でパソコンをシャットダウンする方法やソフトは探せばありますが、パソコンの自動起動となるとなかなかありません。パソコンが立ち上がってないのでソフトも使うこともできませんよね。
電源ボタンを押す以外に立ち上げる方法としてはWOL(WakeOnLAN)機能を使用して起動させることができますが、対応したルーターでないとルーター越えができませんのであまり意味がないです。

BootTimerはBIOSで設定できる年一回や月一回などの起動設定を誤魔化して細かい設定をできるようにするソフトのようです。BootTimerがWindowsの起動をさせるわけではなくて、BootTimerを使ってソフトウェア的にPC内蔵時計を操作するようですが、難しすぎて私にはわかりません・・・

動作環境

【対応OS】Windows 2000/XP/Vista/7

【BIOS】
月・日・時・分を指定してPC自動起動が設定できるBIOSでないと自動起動設定ができません。BIOSの設定は月・日・時・分の全てを設定できなくても、最低日にちと時間が設定できれば大丈夫です。

BootTimerでは以下の様な設定画面になります。

BIOSの設定項目

BIOSの設定画面はPower on by RTC AlarmやResume by Alarmなど名称がBIOSによって少々異なります。

Power on by RTC Alarm

スポンサードリンク

 

インストール

インストールはVer1.302をインストールした後にVer1.419(最新版が出ていればそちら)を上書きでインストールした方がよいでしょう。

BootTimerインストール

インストールにあたっての説明なので読んでおきましょう。

BootTimerインストール

お得意の同意画面です。

BootTimerインストール

インストール先をCドライブ以外にする場合はVer1.302を先にインストールしていないとエラーが出てインストールできませんでした。変更しない場合はそのまま次へ進みます。マルチブートしている場合は少し設定が必要になるのかな?私は使用していないので分かりません。

BootTimerインストール

古いバージョンを見つけるとアンインストールしてくれます。

BootTimerインストール BootTimerインストール

以前のバージョンの設定ファイルはリネームして保存してくれるようです。すごくユーザ思いな機能ですね。

BootTimerインストール

コレで完了です。

BootTimerインストール

BIOSの設定をする前にインストールをしたから出たエラー?設定していないから出るメッセージ?詳細は不明です。

BootTimerインストール

設定

インストールが終わったらBootTimerの設定をしていきます。BIOS設定(Power on by RTC Alarmなどの起動設定のことです)が終わっている場合は次へ進みます。

BootTimer設定

自身のBIOSの設定タイプを選び、BIOSで設定したのと同じにします。

BootTimer設定

自動で起動するかのテストになります。このテストで自動起動しない場合はこれまでのインストール、設定で間違っている箇所があるということになります。インストール後の設定は必ずテストが必要なようです。

BootTimer設定 BootTimer設定

自動測定された起動秒数 + 起動してから安定するまでの秒数分前に自動起動が始まります。
要するに、あとで任意に設定する起動予約時間とは電源投入する時間ではなく「設定時間に安定している」ということです。

BootTimer設定

他のソフトと競合しないように、BootTimerの起動は少し遅らせたほうが安定するかもしれません。

BootTimer設定

基本設定は終わりです。あとは起動や終了などの予約設定をしてください。

BootTimer設定

常駐のBootTimerのアイコンを右クリックして予約編集をクリックします。追加ボタンを押して日時と動作を設定してOKを押すと完了です。
パソコンの電源投入の場合は日時を設定して、動作はブードへチェックを入れるだけで問題ありません。

BootTimer設定

説明が難しいですが、自分で起動と終了のテストをする場合は、パソコンの電源が切れてから「自動測定された起動秒数 + 起動してから安定するまでの秒数」後にブートするように時間設定しないと起動しないので注意してください。

スポンサードリンク

 

注意点

1.BootTimerを導入すると時々Windowsの時計が大幅に狂ってしまう場合がありますので、スタートアップへ時刻合わせのフリーソフトを登録しておくと良いかもしれません。
私はiネッ時計~インターネット時刻補正~を使用しています。

2.Windows Vista/7 で使用する場合はUAC(ユーザーアカウント制御)機能を無効にする必要があります。

3.Windowsのログイン時にパスワードを入力しなければいけないようにしている場合は、自動でログインできるようにしておく必要があります。
自動ログインの設定方法がわからない場合はWindows自動ログイン設定エントリーを参考にしてください。

4.BootTimerをインストールして設定するとBIOSの時刻はくるいますが、Windowsの時間が正しければ問題がないのでBIOSの時刻は設定しなおさないようにしてください。

5.BIOSの起動設定の時刻が来た場合にも起動するようです。つまり、BootTimerで1週間に1回起動するように設定していても、設定BIOSの起動が毎日起動するタイプの設定の場合は必ず毎日その時間に起動してしまいます。そのような不要な起動の場合は感知してすぐにシャットダウンしてくれるようです。

関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/195-17cb2548