Crucial RealSSD C300 レビュー 

SATA3対応SSD C300
    (CTFDDAC064MAG-1G1)

X25-M G2 80GBが発売当初からずっと欲しかったのですが、なかなか換装に踏み切れずに約1年。
しかし、今回FOXCONNベアボーン R10-D2で使用するために思い切ってSSDを導入しようと考えました。もちろん最初にX25-M G2 80GBが頭に浮かびましたがSSDのラインナップを見てみるとCrucialのC300が上位独占しているじゃないですか!しかもSATA3対応でG2にも劣らない性能ならば新製品のC300にするしかありません(笑)
SATA3対応で性能も良い割りに値段もお手ごろで人気もでるはずです。

大阪日本橋の店では14,000円台で販売されている店では軒並み完売でした・・・15,380円で売っていたのでどうしようかと迷いましたが、往復の電車賃や取り寄せの待つ時間を考えると1,000円位高いのは仕方が無いので購入しましたヽ(・∀・)ノ
なにより、人気のSSDのようなので取り寄せ待ちでもいつになるか分からないだろうし、少々高めでさえ買えなくなるとまたHDDで妥協してしまいそうなので(ノェ)コッソリ

仕様

タイプ:MLC
SATA3 6Gb/s
コントローラー:Marvell 88SS9174-BJP2
Read:355MB/s Write:70MB/s
NCQ、TRIM対応

付属品・外観

付属品は英語マニュアルのみです。

CTFDDAC064MAG

CTFDDAC064MAG CTFDDAC064MAG

CrystalDiskInfo

CrystalDiskInfo

CrystalDiskMark

WindowsXP IDEモード(データ無し)

構成

【マザーボード】:ASUS P5K-E
【CPU】:Intel Core2Duo E8400
【メモリ】:CORSAIR TWIN2X4096-8500C5DF(2GBX2)
【グラフィックボード】:LEADTEK WinFast GTX 260 EXTREME+ V3
【HDD】:WestermDigital WD6400AAKS
【OS】:WindowsXP Pro

CrystalDiskMark/IDE

Sequential Read : 262.5 MB/s
Sequential Write : 76.09 MB/s
Random Read 512KB : 243.4 MB/s
Random Write 512KB : 67.89 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 29.91 MB/s
Random Write 4KB (QD=1) : 6.557 MB/s
Random Read 4KB (QD=32) : 30.90 MB/s
Random Write 4KB (QD=32) : 7.212 MB/s

X25-M G2 80GBは持っていないので、ネット上で見つけた同じような構成でのベンチマークとの比較になりますが、X25-M G2 80GBと比べても遜色ありませんね。寧ろReadはCTFDDAC064MAG-1G1の方が勝っているのではないでしょうか。
QD=32が遅いのはIDEモードだからなのかな?

次にAHCIモードでWindows7 Home Premiumをインストールした直後

構成

FOXCONNベアボーン R10-D2
【マザーボード】:D51S
【オンボードグラフィック】:Intel GMA 3150
【CPU】:Intel Atom D510
【メモリ】:TeamElite TEDD1024M800C5 (1GBX2 シングルチャンネル)
【OS】:Windows7 Home Premium

CrystalDiskMark/AHCI

Sequential Read : 267.1 MB/s
Sequential Write : 75.76 MB/s
Random Read 512KB : 252.1 MB/s
Random Write 512KB : 75.73 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 23.25 MB/s
Random Write 4KB (QD=1) : 36.46 MB/s
Random Read 4KB (QD=32) : 65.13 MB/s
Random Write 4KB (QD=32) : 57.57 MB/s

AHCIモードにすることで4KWriteとQD=32のRead、Writeが格段にアップしています!
アップしていますが、Read 4KB (QD=32)を他の方と比べるとすごく低いんですよね・・・構成の違いかな?

AHCIモードでのアクセス速度アップはSSDだけでなく、Windows7ではAHCIモードでSATA2の能力を発揮できるらしいので、HDDでもWindows7+AHCIモードにすることでパフォーマンスアップが期待できるはずです。

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/201-ec770790