ファイナライズとCD/DVD書き込み 

CD-RやDVD-Rの書き込み

ファイナライズ

ファイナライズとは、CD-Rを一般のCDプレイヤーで再生したり、CD-RWをCD-RW再生に対応したプレイヤーで再生したりできるようにするための最終処理です。

ファイナライズを済ませたディスクには、空き容量があっても追加書き込みはできなくなります。
また、ファイナライズしていないDVD-RやCD-RはDVDプレーヤなどではほぼ読み込みできませんので、データーを書き終わった後にファイナライズしてやる必要があります。極稀にDVDレコーダなど兄弟機と呼ばれる機種で書き込みを行った場合はファイナライズしなくても読み込みできる機種もあるようですが、保障されてはいませんので例外的なものなのでしょう。

XP標準のCD-R書き込みにはファイナライズする機能は備わっていません。
パソコンの光学ドライブではファイナライズしなくても読み込める場合が多いですが、ファイナライズしていない場合はどこまで書き込まれているか領域のチェックをするので、ディスクを認識するのに時間がかかる場合があります。

書き込み方式

ディスクアットワンス 【DAO】

CD-R/DVD-Rなどのディスクへの書き込み方法の一つです。ディスク全体を一度にまとめてデータを書き込みます。後から追加書き込みを行ったりできませんが、古いCD-ROMドライブやパソコン以外の機器との互換性は高くなります。ディスクの書き込みからファイナライズまでの一連の作業をまとめた方式といったところでしょうか。

トラックアットワンス 【TAO】

CD-R/DVD-Rなどのディスクへの書き込み方法の一つです。「トラック」という単位でデータを書き込み、一度書き込みを行なった後に追記ができる方式です。
トラックとトラックの間には「リンクブロック」という継ぎ目ができ、リンクブロックはノイズの原因になるので音楽CD作成では避けたほうが良いでしょう。

セッションアットワンス 【SAO】

CD-R/DVD-Rなどのディスクへの書き込み方法の一つです。「セッション」という単位でデータを書き込み、一度書き込みを行なった後に追記ができる方式です。
トラックアットワンスと違ってデータの継ぎ目となるリンクブロックが発生しないため、音楽CDの作成にも適しています。但し、家庭用CDプレイヤーやカーオーディオなどでは読み込みできない場合があるので、ディスクアットワンスで作成したほうが互換性はあがります。

CD Extraという規格はセッションアットワンスの仕組みを利用して、1枚のディスクを2セッションに分割し、前半を音楽CD、後半をデータ、というように使い分けるマルチセッションCDになります。CDプレーヤーはパソコンと違って最初のセッションしか読み込まないため、誤ってプログラムデータを再生してプレーヤーが壊れるという事故を防ぐことができます。音楽CDの余剰部分を利用して特典映像や画像が収録されているのがそれにあたります。

パケットライト

パケットライト用のアプリケーションを使用してデータをパケットに分割し書き込みします。
ディスクアットワンス、トラックアットワンス、セッションアットワンスと違って、ファイル単位で記録・消去することが出来るためCD-RやCD-RWなどのファイル削除を行えないディスクをUSBメモリやフロッピーディスクなどの様に扱えるようになります。ただし、CD-RやDVD-Rなどは消去しても空き容量が増えるわけではないので、書き込みと消去を繰り返していると最終的には空き領域が無くなってディスクは使えなくなります。

余談

CDやDVDなどの光学ディスクには寿命があるって知ってますか?アメリカでは米国標準技術研究所がアメリカ政府機関の要請を受けて、ディスクメディアの寿命を研究しています。

言われてみれば当たり前のことですが、興味のある方は下記リンク先をご覧くださいヽ(・∀・)ノ

CDやDVDにも寿命がある!?上手に保管しよう! (All About)

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/205-c79da2cc