マイドキュメントにアクセスできない 

アクセス権がありません!?

Windowsが起動しなくなった時でもハードディスクへアクセスできる状態であれば、ハードディスクを取り出して、ハードディスクケースなどを使用して他のパソコンに接続すればデータをバックアップできます。

しかし、Windows XP以降のNTFSファイルシステム上では C:\Documents and Settings\ユーザ名\のMy Documentsやデスクトップへアクセスしようとするとアクセス権がありませんと怒られてしまいます。

これは同じユーザ名でAdministrator権限を持っていたとしてもSID(セキュリティID)が異なるためです。SIDを持つ意味は、以前に削除したユーザー名と同じユーザー名を別の利用者が使用した場合、以前の利用者の権限でアクセスできてしまうことを防ぐためと、使用者がユーザ名を変更した時に同じアクセス権を使用し続けるようにするためです。

では永遠にアクセスできないかというとそうでもなく、フォルダの所有権を変更してやると自由にアクセスできるようになってしまうわけで・・・意味ねーじゃん!とかそういうことは置いといて、所有権の変更方法を記載しておきます。

所有権の変更方法

上位エディションの場合

Administrator権限を持ったユーザでログオンします。
[ツール] - [フォルダオプション] の表示タブの詳細設定の中にある「簡易ファイルの共有を使用する」のチェックを外します。

所有権の変更をしたいフォルダを右クリックして[プロパティ]を開きます。
セキュリティタブの中にある[詳細設定]をクリックします。
所有者タブの中にあるAdministratorsグループ又は現在ログオンしているAdministratorsユーザをクリックし、「サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える」にチェックを入れてOKボタンを押します。
「内容を読み取るのに必要なアクセス許可がありません。」とメッセージが表示されるので「はい」をクリックすと所有権の変更が始まります。
(Windows Vista/7では所有者タブの編集ボタンを押すと所有者の変更画面が現れます)

下位エディションの場合

Home Editionなど簡易ファイルの共有の設定を無効にできないエディションの場合は、セキュリティタブを表示できません。
セキュリティタブへアクセスする方法としては、セーフモードで起動してAdministrator権限を持つユーザでログオンすることによって所有者の変更が可能になります。

EFSで暗号化している場合

Administrator権限を持ったユーザでログオンして、暗号化したWindowsで証明書ファイル(*.pfx)を実行する必要があります。
証明書をファイルにエクスポートしていない場合は残念ながらアクセスは不可能です。

関連記事


参考記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/208-8c4e7651