Sysprepメモ 

SysprepでSIDを変更

Windows OSのインストールされたハードディスクを丸々コピーして使用する場合、内部的な識別用のSID(ID数値)が同じだと問題が起こる場合があります。(もちろんライセンスは複製する台数必要になります)

マイクロソフトが推奨する、正しい環境の複製方法は、Sysprep (system preparation)ツールを使用することらしく、Sysprepを使用することでSIDの重複を解消することができます。

Microsoft ポリシー用の Windows インストール ディスクの複製
(マイクロソフトサポートオンライン)

今回、Sysprepの導入には関与していないので、詳しい設定方法などは紹介できませんが、Sysprepを導入したことによって起こった問題点や解決方法が発覚・発見次第記載していきます。(Windows XPでの作業内容になります)

※注意※
以下の記事にはレジストリの編集の方法を記載していますが、レジストリの編集を誤るとWindows が起動しなくなるなど、Windows 自体を再セットアップしなければならない場合があります。当サイトではレジストリエディタでの編集の結果によるいかなる問題に対しても保証いたしかねます。レジストリは自己責任の範囲内でご使用ください。

Officeのインストール中にWindowsのCDを要求される

Sysprep導入後にOfficeをインストールしていると、インストール中に「インストールを続行するために Windows ファイルをインストールする必要があります。Windows XP Professional CD-ROM を挿入してください。」とでることがあります。
自作パソコンならともかく、メーカー製パソコンではWindowsCDなどあるはずもありません。
この場合は、レジストリの編集を行うことによって解決できる場合があります。

手順

スタートボタンから[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
Regeditと入力し、[OK] ボタンをクリックします。
HKEY_Local_Machine\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Setupキーの中のサブキーのInstallation SourcesとSourcePathの文字列値の値を以下の通り変更してください。

Installation Sources → C:\WINDOWS
SourcePath → C:\WINDOWS
ServicePackSourcePath → C:\WINDOWS

レジストリ変更後に再起動してからOfficeのセットアップを再度実行してみてください。

Outlook Express のパスワードが保存できない

Outlook Express のパスワードが保存できない!エントリーで記載した方法で解決できると余裕をかましていたところ、Sysprepを使用した場合は全く役にたちませんでした・・・といいますか、Sysprepを実施する前にレジストリの削除をしておかなくてはいけないようです。
Sysprep実施前に作成されたユーザにのみ、この症状が出るようなのでユーザ名に拘らない場合は新たにユーザを作成すれば問題ありません。

ですので、Windowsがデフォルトで持つユーザ(Administratorなど)は対処のしようがありません。

手順

新たなユーザを作成して使用する場合は以下の方法で対応します。

Sysprep実施前にすること
適当な管理者権限のユーザを作成してアプリケーションのインストールやプリンタのセットアップなどを必要な環境を整えます。

最後に対象のレジストリの削除を行います。
対象のレジストリにはアクセス権がなく削除できないので、アクセス権を付与した後に削除する手順になります。

[ファイル名を指定して実行] に「Regedit」と入力し、[OK] ボタンをクリックします。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Protected Storage System Providerキーの下にある S から始まるキーを右クリックします。
アクセス許可を選択します。
[セキュリティ] タブのグループ名またはユーザ名の追加ボタンをクリックします。
[詳細設定]から[今すぐ検索]をクリックして現在作業しているユーザを選択してOKを押してください。
追加したユーザのアクセス権をフルコントロールにします。
これで、Sから始まるキーのアクセス権を取得できましたので、Sから始まるキーを削除してください。

パソコンを再起動します。

Sysprepを実施
Sysprepを実施後に、今後使用するためのユーザを作成(そのWindowsで作成履歴のあるユーザ名はダメです)してください。後は問題なくOutlook Expressを使用することが可能です。


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/211-f8481f97