WESTERN DIGITAL WD20EARS レビュー 

2T(667GBプラッタ)HDD
     WD20EARS-00MVWB0

WD20EARSの初期の物は容量は2TBと同じですが1プラッタの容量が500GBです、今回購入したWD20EARS-00MVWB0はプラッタ1枚辺りの容量が667GBに増えて枚数が3枚に減っています。
尚、500GBプラッタ版はWD20EARS-00S8B1と後方の型番が違うので間違えなく

バックアップ用にと大容量ハードディスクが欲しかったので発熱が少ないと評判のWD20EARS-00MVWB0を購入しました。が!あまり下調べをせずに3台も購入してから結構癖がある、というかこれまでのハードディスクとは少し違うということに気づきました( ゚∀゚);',*;ガハ!!

Advanced Format

Advanced Formatとは従来のハードディスクが1セクタ:512バイトで物理フォーマットされているのに対して、1セクタ:4KB(4096バイト)で行う技術です。
利点としては同じ容量のデータを記録する場合に記憶領域を節約でき、その節約部分の一部をECCに割り当て、エラー回復率アップと信頼性向上が見込めるようです。

ただし、Advanced Formatは新技術のため、Windows XP以前のOSでは対応していない場合があり、XPで使用する場合にはそのままの使用では本来の性能が発揮できません。

と私のメインパソコンはWindows XPなわけで・・・どうなることかと思いましたが、フォーマット前にジャンパーピンでの設定か、WestrenDigitalのツールの「WD Align System Utility」をXPにインストールすればとりあえず使えるということで一安心?
尚、ジャンパーピンやメーカーツールの使用は保証対象外とのことです。また、ジャンパーピン設定は複数パーティション分割や、USB外付けドライブ用として非対応らしい。

Advanced Format ハードドライブ ダウンロード ユーティリティ(WesternDigital)

ジャンパー設定

※パーティションを分割して使用する場合はWD Align System Utilityの使用が必須になるようです
ラベルを上にした状態で一番左の上下2つにジャンパーピンを挿します。

WD20EARS-00MVWB0ジャンパーピン設定

CrystalDiskMark

Windows7 Professionalデータ無し

1パーティション
AHCIモード
NTFSフォーマット
構成
【マザーボード】:GIGABYTE GA-P55M-UD2
【CPU】:Intel Core i5-750
【メモリ】:Corsair CMD4GX3M2A1600C8
【グラフィックボード】:WinFast PX8800GT ZL

WIN7CrystalDiskMark

Sequential Read : 122.397 MB/s
Sequential Write : 117.619 MB/s
Random Read 512KB : 41.269 MB/s
Random Write 512KB : 78.207 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.532 MB/s [129.9 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 1.107 MB/s [270.3 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 1.840 MB/s [449.2 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 1.140 MB/s [278.4 IOPS]

Windows7でセカンドドライブとしてSATA接続してフォーマットしてみました。特に問題もなくスコアもいたって普通です。

WindowsXP (データ無し)

1パーティション
IDEモード
NTFSフォーマット

構成
【マザーボード】:ASUS P5K-E
【CPU】:Intel Core2Duo E8400
【メモリ】:CORSAIR TWIN2X4096-8500C5DF(2GBX2)
【グラフィックボード】:LEADTEK WinFast GTX 260 EXTREME+ V3

XPCrystalDiskMark

Sequential Read : 118.711 MB/s
Sequential Write : 112.063 MB/s
Random Read 512KB : 43.052 MB/s
Random Write 512KB : 25.790 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.231 MB/s [56.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.286 MB/s [69.9 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 0.609 MB/s [148.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.269 MB/s [65.6 IOPS]

Windows7でフォーマットした物をそのままWindows XPでSATA接続してみるとそのままでは使用できず再度フォーマットする必要がありました。調べてみたところ、ジャンパーピンの着脱時には初期化やフォーマットが必要になるようです。
ジャンパーピンでの設定での測定ですが、Windows 7の物と比べると512K以下のWriteがかなり遅くなっています。このスコアはXP用の処置をしていないスコアと同じくらいなんですよね・・・ジャンパーピンじゃ駄目なのかな。フォーマット後にジャンパーピンを挿した可能性も・・・
気になったのでフォーマット前にジャンパーピンを確実にさした方のWD20EARS-00MVWB0で測定しなおしてみました。

XPCrystalDiskMark

Sequential Read : 122.084 MB/s
Sequential Write : 117.330 MB/s
Random Read 512KB : 45.930 MB/s
Random Write 512KB : 71.636 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.555 MB/s [135.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.926 MB/s [226.1 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 0.617 MB/s [150.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.996 MB/s [243.1 IOPS]

やっぱりフォーマット前にジャンパーピンを挿していなかったようです( ゚∀゚);',*;ガハ!!
Windows7での使用には劣りますが同じようなスコアになりましたので一安心です。

Windows 7 Home Premium ATOMパソコン システムドライブ

1パーティション
AHCIモード
構成
FOXCONNベアボーン R10-D2
【マザーボード】:D51S
【オンボードグラフィック】:Intel GMA 3150
【CPU】:Intel Atom D510
【メモリ】:TeamElite TEDD1024M800C5 (1GBX2 シングルチャンネル)

WIN7ATOMCrystalDiskMark

Sequential Read : 85.500 MB/s
Sequential Write : 93.091 MB/s
Random Read 512KB : 22.660 MB/s
Random Write 512KB : 42.884 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.349 MB/s [85.2 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.937 MB/s [228.7 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 1.273 MB/s [310.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.975 MB/s [237.9 IOPS]

コチラは上記2つのWD20EARS-00MVWB0とは別の新品にWindows 7をインストールした直後のスコアですが、Windows XPでの使用時よりもさらに遅いスコアになってしまいました。
ATOMの非力さが足を引っ張っているのでしょうか。4Kのスコアは問題ないのでWindowsの起動にはあまり影響はなさそうです。

USB外付け

1パーティション
ジャンパー設定はUSB接続では非対応のようですが、どれくらいのものかとUSB2.0の外付けハードディスクケースで測定してみました。

USB接続rystalDiskMark

Sequential Read : 30.895 MB/s
Sequential Write : 25.828 MB/s
Random Read 512KB : 21.511 MB/s
Random Write 512KB : 25.078 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.505 MB/s [123.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.913 MB/s [222.9 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 0.543 MB/s [132.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.909 MB/s [21.9 IOPS]

かなりのパフォーマンス低下ですが、私の持っている外付けハードディスクと変わりない程度なので妥協すれば使えないということはないかな。もったいない気はしますが。

初期不良?

購入して2週間ほど経ちますが、S.M.A.R.T.を確認したところC5とC6で注意が出ていました。
購入店のPCワンズへ確認するとS.M.A.R.T.でエラーが発生している場合は保障の対象になるということで本日メーカーへの修理に出してもらいに行ってきました。
初期不良の交換は購入後10日までなのですが、メーカーへ出しても交換で帰ってくるらしいです。

USB接続rystalDiskMark

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/215-ded0e992