Outlookのパスワードが保存されない! 

Outlook Express
   のメールパスワードが保存されない!

Windows2000/XP において、標準添付のOutlook ExpressやOutlookで、メールサーバーパスワードを設定して「パスワードを保存する」にチェックをしているにもかかわらず、パスワードが保存されずに毎回入力しなければいけないことがあります。

※注意※
この記事にはレジストリの編集の方法を記載していますが、レジストリの編集を誤るとWindows が起動しなくなるなど、Windows 自体を再セットアップしなければならない場合があります。当サイトではレジストリエディタでの編集の結果によるいかなる問題に対しても保証いたしかねます。レジストリは自己責任の範囲内でご使用ください。
また、レジストリを編集する場合は、あらかじめレジストリ ファイル (System.dat および User.dat) のバックアップを作成することをお勧めします。

これはユーザープロファイルレジストリに問題が発生している為、次の手順で問題のキーを削除してください。
全てのアプリケーションを終了させます。
[スタート]-[ファイル名を指定して実行]からregedt(regedt32)と入力してOKを押します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Protected Storage System Providerを開きます。 メニューバーの[セキュリティ]-[アクセス許可]をクリックします。
XPではProtectedStorageSystemProviderキー(フォルダのアイコン)を右クリックして[アクセス許可]をクリックします。
パスワードが保存されないメール アカウントをクリックし、読み取りとフルコントロールに「許可」のチェックがあることを確認します。「詳細」ボタンをクリックし、以下のようになっていることを確認します。

種類 - 許可
名前 - <ログオンユーザー>
アクセス許可 - フルコントロール
適用 - このキーとサブキー

「すべての子オブジェクトのアクセス許可を元に戻し~」にチェックして「適用」ボタンをクリックします。
確認ダイアログの「はい」をクリックします。
「OK」→「OK」をクリックします。
ProtectedStorageSystemProviderキーをダブルクリックし、ユーザーサブキーをクリックします。
ユーザーサブキーはこんな(S-1-5-21...)形式です。
ユーザーサブキーを削除します。
Windowsを再起動します。
セットアップ後にAdministratorでログオンすると、この問題が発生することがあるようです。

もっと詳しく知りたい方は

Microsoftサポート オンライン
Windows 2000 または Windows XP で、Outlook Express のパスワードが保存されない場合の対処方法

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/22-3bff9f11