SilverStone SST-ST40F-ES 

SilverStone 400W 80PLUS電源

SST-ST40F-ES
coneco.net

以前Windwos7がフリーズする現象で、電源ユニット(ELT620AWT/STB)を保障修理に出して順調に使用していたのですが、ここ2ヶ月ほどまえから再び週一くらいでまたフリーズが発生するようになってきました。そして、先月辺りからは2日に1回と段々とフリーズ頻度が上がってきてしまいました・・・

と言うわけでたぶん電源が原因ぽいので思い切って交換です。

電源容量に関しては出力が50%前後の時が一番効率が良いので、構成からアイドル時は約100W、負荷時は270W、ゲーム(MMOなど)をしている時は150Wなので、電源容量を以前の620Wから400Wへ下げました。

仕様

静音120mmファン
ノイズレベル 18dBA~34dBA
保護機能:過電流保護/過出力保護/過電圧保護/過小電圧保護/短絡回路保護

80PLUS
+3.3 24A / +5V 20A
+12V 25A(300W)
-12V 0.3A
+5Vsb 2.5A
Total Power 400W
入力電圧 103.5V~253V

付属品

多言語マニュアル(日本語有)
仕様書(英語のみ)

SST-ST40F-ES付属品

マニュアルには簡単にマザーボードへの接続方法やケースへの取り付け方などが記載されています。また、それぞれのケーブルのピンの詳細まで記載されています。

SST-ST40F-ES

ケーブル

モジュラータイプではないので全て本体から出ています。
ATX20+4pinが1本
ATX8pinが1本
PCI-E用ケーブルは一本に6ピンx2
4ピンペリフェラルが1本でコネクタ数3+FFD電源コネクタ1
SATA電源が1本でコネクタ数4

SST-ST40F-ES

4ピンペリフェラルとSATA用ケーブルが1本づつしかないので大きなケースや取り付け場所によっては届かないことがありそうな予感・・・私は3R SYSTEM R120-V3BKを使用してますが、ハードディスクと光学ドライブやケースファン電源などギリギリ足りた感じです。
どちらかと言うとMicroATX用的なケーブル長ですね。

外観

115Vと230Vの切り替えスイッチはないですが、入力仕様で103.5V~253Vとなっているので自動切換えのようです。

SST-ST40F-ES

性能

静音ファン搭載ですが以前のELT620AWT/STBも静かだったので変わりなしです。
多少構成は違いますが、ELT620AWT/STBとの比較をしてみました。

構成
【マザーボード】:GA-P55M-UD2
【CPU】:Intel Corei5-750 (2.66GHz)
【メモリ】:CORSAIR CMD4GX3M2A1600C8
【グラフィックボード】:LEADTEK WinFast PX8800GT ZL
【CPUクーラー】:Zalman CNPS9900NT/Thermaltake TMGi3
【HDD】:WestermDigital WD6400AAKS
【OS】:Windows 7/Windows Vista Ultimate
【電源】:SST-ST40F-ES/ELT620AWT/STB

アイドル時(起動5分後)
98W / 105W

デビルメイクライ4ベンチ時
178~202W / 150~195W

OCCT時
238~283W / 225~248W

以下はOCCTの出力結果です。
PowerSupply : OCCT (室温19℃)

+12V

SST-ST40F-ES OCCT

+12Vの触れ幅が悲惨なことになってます( ゚∀゚);',*;ガハ!!
この結果が正確であれば安定感無しと言った感じですが、OCCTの結果が絶大なる信頼をおけるものとは言い切れませんので、取り敢えずは様子見ですかね。

5V

SST-ST40F-ES OCCT

3V

SST-ST40F-ES OCCT

VCore

SST-ST40F-ES OCCT

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/224-57cc020c