共有設定-WindowsXPフォルダ 

WindowsXP共有フォルダの設定

WindowsXP Home

Home Edition ではあらかじめ用意されている共有ドキュメントのみで共有可能です。フォルダごとの共有はできません。
[スタート]-[アクセサリ]-[通信]-[ネットワークセットアップウィザード]
から共有設定をすれば共有ドキュメントにアクセス可能になります。共有ドキュメントの名前はSharedDocsと表示されます。

WindowsXP Professional

Professional Edition ではHome Edition と同様の方法に加えて個別のフォルダに共有設定をすることが可能です。

簡易ファイルの共有を使用

共有したいフォルダを右クリックしプロパティを開きます。
共有タブのネットワーク上での共有とセキュリティの中にある「ネットワーク上でこのフォルダを共有する」にチェックを入れると、他のコンピュータから観覧可能になります。
「ネットワークユーザーによるファイルの変更を許可する」にチェックを入れるとそのフォルダ内にあるファイルの変更が可能になり、フォルダ内にファイルを作成することも可能になります。

外部からのアクセスはゲストユーザとしてのみのアクセスになります。

「ネットワーク上でこのフォルダを共有する」が無い場合は、「危険を認識した上で…」をクリックして「ファイル共有を有効にする」にチェックを入れてOKしてください。

共有を有効にする

「ネットワーク上でこのフォルダを共有する」がクレーアウトしている場合は、「このフォルダをプライベートにする」のチェックをはずしてください。

簡易ファイルの共有を使用しない方法

簡易ファイルの共有を使用しない方法で共有するとパソコン内で設定されているユーザごとのアクセス権の設定も可能になります。
まずはフォルダのメニューバーの[ツール]-[フォルダオプション]-[表示]の簡易ファイルの共有を使用するのチェックを外します。

簡易ファイルの共有

共有したいフォルダを右クリックしプロパティを開くとセキュリティータブが追加されていると思います。
共有タブ内も変化しているはずです。

共有したいフォルダのプロパティから[共有]-このフォルダを共有するに変更します。
このままでは読み取りのアクセス権しかありませんので、フォルダ内のファイルの変更や作成を許可する場合はアクセス権(P)をクリックしてください。
Everyoneのアクセス権が読み取りにだけチェックが入っていると思います。フルコントロールにチェックを入れることによって、このフォルダにアクセスしたユーザ全員に全ての作業を許可したことになります。

共有アクセス権

注意点

通常社内ネットワークや家庭内ネットワークなどに外部から接続することはできませんが、ルータの設定が甘かったり悪意のある侵入者によってネットワーク内に外部から接続された場合、共有フォルダ内のデータはコピーされてしますのでむやみに共有フォルダを作ることはお勧めできません。
特に、無線LANルータを使用時にアクセス許可の設定をしていない場合は注意が必要です。
くれぐれも個人情報を共有フォルダに入れるのは控えてください

高度な共有設定

共有フォルダへのアクセスは、共有アクセス権および NTFS アクセス権の 2 つのユーザーレベルアクセス権で制御されます。
共有アクセス権は、ネットワーク経由でアクセスされた場合に適用されます。
NTFS アクセス権はネットワーク経由およびローカルアクセスどちらにも適用されます。
同じフォルダに共有アクセス権と NTFS アクセス権の両方が適用された場合、ネットワークからアクセスに対しては両方のアクセス権が順次適用されるため、結果としてより厳しいアクセス権が適用されます。
例えば、共有アクセス権でフルコントロール、NTFS アクセス権で読み取りが許可されたユーザーの場合、読み取りアクセス権しか与えられません。

また、共有アクセス権/NTFS アクセス権いずれの場合も、あるユーザーが複数のグループに所属し、各グループに異なるアクセス権が設定されている場合、適用されるアクセス権は各グループに与えられたアクセス権の合計になります。

NTFSでフォーマットされたドライブにネットワーク共有フォルダを定義する場合、管理の煩雑さを避けるため、共有アクセス権/NTFS アクセス権どちらかだけを設定するよう強くお勧めします。通常はセキュリティの観点から NTFS アクセス権だけを設定し、共有アクセス権は Everyone フルコントロールのままにしておくことをお勧めします。

共有アクセス権設定

共有アクセス権

1. エクスプローラを起動し、共有したいフォルダを右クリックして共有とセキュリティをクリックします。
2. 「このフォルダを共有する」にチェックし、「アクセス許可」ボタンをクリックします。
3. 初期状態ではEveryoneのみなので「追加」-[詳細設定]-[今すぐ検索]でアクセス権を与えたいユーザーまたがグループを追加して「OK」します。
4. 追加したグループまたはユーザーに、適切な許可アクセス権を与えます。

NTFSアクセス権設定

NTFSアクセス権

1. アクセスを制限したいファイルもしくはフォルダを右クリックして [プロパティ] をクリックします。
2. セキュリティタブの「追加」-[詳細設定]-[今すぐ検索]でアクセス権を与えたいユーザーまたはグループを追加します。
3. 追加されたユーザーまたはグループを選択し、アクセス許可を設定します。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/23-1f6cb319