Print Screen活用法 

いつでも使えるキャプチャ機能

私もよく使用していますが、ブログや取扱説明書でデスクトップの画像やウィンドウの画像が使用されているのを見かけると思います。

ゲームなどではキャプチャの為のキーが設けられていて、ゲーム画面の画像を保存できたりするものもあります。また、アプリケーションを使用すれば、好きなサイズや場所をキャプチャして画像として残すことや、直接印刷したりもできますが、そういったアプリケーションの無い場合に「ソフトが無いからできません。」ではかっこ悪いですよね!そんなときの為に、アプリケーションが無くてもキャプチャする方法をマスターしましょう!

画像として保存

キーボードの「PrintScreen」ボタンを押すと現在画面に表示している状態がクリップボードに保存されます。
「PrintScreen」ボタンはキーボードによっては表記が「PrintScr」だったり「PrtSc」だったり様々ですが、ほとんどのキーボードにあるはずです。


 

「PrintScreen」ボタンを押しただけでは画像として保存されませんので、Windowsのペイントを起動してから「Ctrl」+「V」又はメニューの「編集」→「貼り付け」で貼り付けてください。
後は保存すれば完了です。保存形式としてはJpegまたはPngが使いやすくて良いでしょう。多少サイズが大きくなりますが、Pngで保存すれば画質の劣化を抑えることができます。

また、エクセルやワードなどではクリップボードから直接貼り付けることが可能です。
部分的に必要な場合は、一度ペイントに貼り付けてから必要な部分を選択してコピーして再び貼り付けなんて感じで使用しましょう。

アクティブウィンドウ(現在選択されているウィンドウ)をキャプチャすることもできます。「Alt」+「PrintScreen」これでだけ!操作マニュアルの作成などする時には良く使います。

アクティブウィンドウキャプチャサンプル

こんな感じで一発でキャプチャできますヽ(・∀・)ノ
小さな物をペイントに貼り付ける場合はキャンパスをなるべく小さくしてから貼り付けると余分な余白が残らなくてよいですよ!

ペイントキャンパス

印刷する為に!

サイズが大きい場合はペイントで印刷すると一枚に収まらないですし、画像に保存してから印刷するのでは少し面倒ですよね。

そんな時には画像のサイズを変更しやすいエクセルやワードに貼り付けて印刷すると便利です。特にワードの場合は印刷前提のアプリケーションなので非常に便利です。
ワードにキャプチャ画像を貼り付けた場合はそのままでは画像の移動ができませんので、画像を右クリックして「画像の書式設定」のレイアウトタブから「折り返しの種類と配置」を背面に変更してください。そうすれば、貼り付けたキャプチャ画像を自由に移動できるようになります。

以上のことを覚えておけばキャプチャソフトが無くてもエラーメッセージを画像として簡単に保存しておけますし、ブログを書く幅が増えたり、操作マニュアルを作成したりとパソコン活用の幅が広がりますよ(*´д`*)

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/239-a702fb19