FurMark 

GPU負荷テスト&ベンチマーク

oZone3D.Net
URL:http://www.ozone3d.net/
ダウンロード:http://www.ozone3d.net/benchmarks/fur/

ベンチマーク

RunModeのBenchmarkingにチェックを入れるとOpenGLのベンチマークのスコアを測定できます。

Fullscreen、MSAAは使用環境や使用グラフィックボードでお好みに。Time-basedは測定時間(秒)です。
グラフィックボードの比較を行う場合は同じ設定で試行したほうが良いですね。

FulMark

「Go!」ボタンを押すとベンチマークが開始します。

FulMark

上部には帯状にベンチマーク経過がパーセンテージで表示されます。

FulMark

下部には開始時のグラフィックボードの温度と現在の温度が表示され、温度上昇の推移が確認できます。

FulMark

ベンチマークが終了すると結果ウィンドウが表示され、一番上にスコアが表示されます。その他、ベンチマーク時の温度や設定内容、使用環境が表示されます。

FulMark

負荷テスト

RunModeのStabilityTestにチェックを入れると制限時間無制限で負荷をかけ続けることができるので、グラフィックボードの高負荷時の温度確認ができます。
グラフィックボードのオーバークロック時の温度測定やグラフィックボードのクーラーの冷却能力の測定に良いですね。

Fullscreen、MSAAの有無を決めます。Xtreme Buruing Modeはより高負荷な設定?ぽいです。

FurMarkセッティング

「Go!」ボタンを押すと負荷テストが開始します。時間無制限なので終了したい時はキーボードの「Esc」ボタンを押してくださいね。

負荷テストは上部の時間経過の帯はないですが、ベンチマークモードと見た目はかわりません。

FulMark

私は一定時間(約20分)以上温度上昇がなければ終了しています。また、温度上昇が100℃を超えてまだ上がり続けている場合は危険なので終了したほうがよろしいかと・・・

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/267-aeea346a