DP67BGB3 レビュー 

Intel DP67BGB3 (BOXDP67BGB3)

zigsowのレビューに応募していましたが、チップセットの不具合でのリコールの為の延期と震災での影響で当選発表が遅れていたので、どうせダメだろうと思ってMSIのP67マザーを買う寸前だったんですが・・・当選の通知がきたので自腹を切る必要がなくなりました(*´д`*)

DP67BGB3プレミアムレビュー

仕様

ATX IntelP67Express チップセット
ATI CrossFireX / NVIDIA SLI サポート
PCI Express(x16/x16x8)
対応CPU:Intel Core i7/i5/i3/Pentium (LGA1155)
メモリ:最大32GB DDR3 SDRAM DIMM ソケット(DDR3 1333/1066 MHz)
オーディオ:アナログオーディオ出力 6 端子と S/PDIF 光出力ポートを搭載した 10 チャネル (7.1+ 2 の独立したマルチストリーミング) オーディオ・サブシステム
シリアル ATA 6.0Gb/s x 2
シリアル ATA 3.0Gb/s x 4

付属品

ドライバCD
組立てマニュアル
クイックリファレンス
マザーボードレイアウトシール
ステータス表
SATAケーブルx6
WiFi/Bluetooth Moduleと接続用内臓USBケーブル
SLI用コネクタ
バックパネル

DP67BGB3

WiFi/Bluetooth Moduleはフロントパネルの裏に両面テープで貼り付けて使用する説明がクイックリファレンスにはあります。裏面には両面テープが備わってます。

DP67BGB3 DP67BGB3

外観

マクロの箱にドクロマークが描かれています。このドクロマークがマザーボード上にもちっさいですがあります。

DP67BGB3

箱の裏には「インテル製マザーボードで作る自作パソコン組立てマニュアル」なる小冊子が付属しています。店頭で他のインテルマザーボードを確認してたところどのマザーボードにも付属しているようでした。
初めて自作する人用の虎の巻みたいなもので、このレベルのマザーボードを買うような人が見るような内容でもないようなきがしますが(笑)

DP67BGB3

マザーボード全体像です。あっちむいていますが、青色のSATAポートが6.0Gb/s2つで黒色のSATAポートが3.0Gb/s4つです。

DP67BGB3

I/Oパネルはすっきりした?PS2は廃止になってます。左から3つ目のところにある四角いボタンはCMOSクリアのボタンではなくBack to BIOSボタンで赤く点灯した状態だと即座にBIOS画面へと移行することができます。オーバークロックで設定をちょこちょこ変更する場合などに使用するようです。
LANはGigLAN対応、音声出力にはS/PDIFがありデジタル出力ができるようになっています。

DP67BGB3

メモリーソケットの隣にはリセットボタンと電源ボタンがあります。バラック環境でオーバークロックする事を考慮されています。最近のハイエンドマザーにはよくあるやつですね。
メモリーソケット真横にある数字が表示される部分には現在の状態を英数字で表示してくれます。トラブル時にもその英数字からある程度推測可能になります。コードの詳細はは付属品のステータス表に記載されています。

DP67BGB3

コレが噂のドクロマーク(笑)

DP67BGB3

ドクロマークはBIOSのConfigurationのSkulll BacklightingをEnableにすると青白く光ります。Skull Eye Hard Drive ActivityはデフォルトでEnableになっておりハードディスクアクセスに合わせてドクロの目が赤く光りますが切ることも可能です。

DP67BGB3

各種インストーラー

ドライバやアプリのインストールは一括でインストールできるようになっています。最後の方にAdobe Reader9とイーセットスマートセキュリティ4もあり、デフォルトでチェックが入っていますので必要なければチェックを外さないとだめです。

DP67BGB3インストーラー

当然途中で再起動も必要になります。セットアップ中だけ自動ログインできるように自動ログインツールが現れます。Windows標準のcontrol userpasswords2と同じ物です。

DP67BGB3インストーラー

インストールが始まれば後は終了を待つのみです。

DP67BGB3インストーラー

一応Rapid Storage TechnologyとBluetooth Wireless Adapterもインストールしておきました。

DP67BGB3インストーラー

インストールが終わるとIntel Desktop Utilities、Intel Extreme Tuning Utility、Intel Integrator Assistantのショートカットができ即時使えるのかと思いきや、自分でインテルのサイトからダウンロードしてインストールしないとダメでした・・・しかもちょっと分かりづらいです(・∀・;)

DP67BGB3インストーラー

アプリケーションの内容は

【Intel Desktop Utilities】
ハードウェアモニターやCPU-Z、CrystalDiskInfoなどのモニターツールが全て盛り込まれたアプリケーションです。便利そうだなと思いつつその後起動しようとすると起動しないし・・・常駐にはアイコンは出てますがメイン画面を起動しようとするとちょっと反応するが音沙汰無し(・∀・;)
イマイチなので、アンインストールしちゃいました。

【Intel Extreme Tuning Utility】
Windows上からオーバークロックの設定ができるツールです。BIOSからはコア電圧とメモリ電圧が変更できないみたいなので、オーバークロックを行う場合はこのツールが必要になりました。

【Intel Integrator Assistant】
インストール不要?iassist.exeを起動するとIntegrator Assistantが起動します。BIOSのアップデートやBIOSのBoot設定やデバイスの管理、電源管理の設定ができます。

構成

殆どがP55構成のMDP3W7のパーツの使いまわしです。

【ケース】:3R SYSTEM R120-V3BK
【マザーボード】:Intel BOXDP67BGB3☆New☆
【CPU】:Intel Core i7 2600K☆New☆
【CPUクーラー】:Zalman CNPS9900NT
【メモリ】:Corsair CMD4GX3M2A1600C8
【グラフィックボード】:PowerColor AX5750 1GBD5-S3DH
【電源】:SilverStone SST-ST40F-ES
【HDD:システム】:Crucial RealSSD C300 64GB☆New☆
【HDD】:WestermDigital WD20EARS-00MVWB0
【OS】:Windows 7 Professional 32bit

DP67BGB3

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/281-01ddd636