ロジクール K750 レビュー 

Logicool Wireless Solar Keyboard K750

ずっと欲しかったんですが少々高価な上に特にキーボードに困ってもなかったので保留にしてましたが、ロジクールのキャンペーンで店頭1000円キャッシュバックをしていたので思わず購入ヽ(・∀・)ノ

仕様

無線方式 : アドバンス2.4GHz(Unifying対応)
ソーラーバッテリー使用
キーレイアウト : 108キー日本語レイアウト(かな刻印無)
キー構造 : パンタグラフ(インカーブキー採用)
本体サイズ キーボード(幅×奥行×高さ)mm : 432 x 157 x 7.5
本体重量キーボード (電池含む)g : 750
レシーバーサイズ (幅×奥行×高さ)mm : 18x13x5
レシーバー重量 g : 2
キーピッチ mm : 19.5
キーストローク mm : 2
角度調節機能 : 有(8度)

付属品

ロジクールUnifyingレシーバー
ワイヤレス エクステンダー
クリーニングクロス(メガネ拭き)

K750

なんでメガネ拭きがはいってるんだ!すげぇ!と思ったけど多分ソーラー部分を綺麗に保ってねっていうことだと思う(・∀・)

外観


箱はロジクールの上級品で使われている光沢仕上げ・・・ペラペラですが中には丈夫なダンボール箱でございます。

K750

キーボード本体はかなり薄い。これは踏んづけてしまうと一巻の終わりだ(笑)
角度調節の足も10x30mmほどで弱弱しく感じます。すぐにパキッとやっちゃいそうな予感が・・・雑な私には似合わない繊細なキーボードです( ゚∀゚);',*;ガハ!!

K750

これまで使っていたK340とは大きさ自体はさほどかわりません。

K750

ホットキーを使用する時に使うFNキーは右Ctrlの隣になります。

K750

キーボード右上、テンキーの上部分ににはライトボタンと電源ボタンがあります。

K750

ライトボタンは充電の状態をキーボード上で確認できるようになっており、ライトボタンを押すとランプが光ります。ニコチャンマークの方が光れば充電は十分ということです。
写真は光ってませんが、光っているのが短くて上手く撮れなかっただけです。

K750

パソコン上でも充電量の確認できるかとSetPointを起動してみたところ、Solar Appをインストールしないとダメなようでした。

K750

というわけでSolar Appをインストールしてみました。先ほどのキーボードのライトボタンを押すとSolar Appが起動します。

K750

割と大きめなので邪魔ですが、確認したい時にキーボードから起動できるのは便利かも。
K340は付属の単三電池2個を使ってましたが2年間電池交換はした事がありません。Bluetoothと違いunifyingは省電力性能に優れているんですよね。
そう考えるとソーラー電池、しかも部屋の灯りだけの充電でも充電切れは起こす事はなさそうな予感。またフル充電していれば暗闇でも3ヶ月もつらしいです。

赤軸だ青軸だという高級キーボードを使った事がないのであれですが・・・割と打ちやすい方だと・・・多分。

右クリックボタン?はFNキー+PrintScreenキーになりPrintScreenキーはF12の右側に位置します。その他は一般的なフルキーボードと同じ感じでしょうか。ボタンの配置による使い辛さは一切ないですね。

Cherry製のメカニカルキーボードとかいいなとは思いつつ、ついついカッコイイだけのロジクールのキーボードを購入してしまう私です( ・∀・)

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/283-26919e13