エクセルの重複セルの削除 

重複データを削除する方法

エクセルにデータを取り込んだはいいが重複したデータの削除方法が分からないといったことがあるかと思います。
Excel2003まではあれやこれやと手を施さなくてはいけませんでしたが、Excel2007からは重複セルの削除ボタンが実装されています。

Excel 2007以降

重複の削除はデータタブの中にあります。
今回はA列に番号、B列に氏、C列に県を入力したデータを使用します。赤い文字が氏と県が同じデータで、青い文字が氏は同じだが県が違うデータになります。
よって削除対象は赤い文字のデータです。

重複データの削除

見出しがある場合には、「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックを入れます。後は、重複のチェックをしたい列にチェックを入れて「OK」を押します。

重複データの削除

作業が完了すると削除された件数と残った件数が表示されます。

重複データの削除

削除対象の4件の赤い文字のデータが見事に削除されました。これは簡単だヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪


 

Excel 2003以前

Excel2003以前での重複の削除は重複削除機能を持ったアドインを導入するか関数やフィルタを使用して重複データを削除するしかありません。

関数で重複チェック

データは同じく番号、氏、県が入力された物を使用します。
まずは[データ] - [並び替え]からデータを並び替えを行います。

重複データの削除

タイトル行にチェックを入れ「氏」で並び替えます。

重複データの削除

赤い文字が削除対象で、青い文字は残したいわけです。

重複データの削除

氏が同じ且つ県も同じデータを抽出していきます。
D2には0を入力し、D3には=IF(AND(B3=B4,C3=C4),1,0)という計算式を入力します。下のデータが氏も県も同じであれば1どちらかが違うデータならば0という意味です。
次にD3をD16までコピーします。コピーする方法以外には選択セルの右下にあるフィルハンドル(黒い点)をダブルクリックする方法があります。

重複データの削除

関数のままではソートできませんので、D3からD16をコピーしてその上に右クリックから「形式を指定して貼り付け」で「値」を選択して上書きします。

重複データの削除

最後にD列を基準として並び替えすれば重複したD列の1のデータが並びますので、削除して完了です。

重複データの削除

フィルタを使用する

メニューの[データ] - [フィルタ] - [フィルタオプションの設定]から重複データを非表示にできます。

重複データの削除

これは削除ではなく非表示にしているだけです。

(。-`ω´-)ンー

面倒なことしなくてもこれで十分かな?(笑)

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/299-f5f89cc7