Sandy Bridge-E CPU 

Sandy Bridge の上位モデル登場

コードネームSandy Bridge-Eで開発されていたSandy Bridgeの上位モデルのCPUが2011年11月14日に発売になりました。
基本アーキテクチャーはSandy Bridgeと同じですが、インターフェース周りが大きく変更されています。対応ソケットがLGA2011に変更され対応チップセットはIntel X79 Expressです。

また、メモリーコントローラーは4チャンネルに増えています。

今回発売になったのはCore i7-3960XとCore i7-3930Kの2種類ですが、2012年頭にはCore i7-3820も発売されるようです。しかしこちらは倍率固定で4コアのタイプです。

リテールクーラーの付属は無し

リテールパッケージには、いずれもCPUクーラーが付属していませんので、CPUクーラーは別途必要になります。オプションとして最近流行の簡易水冷クーラーが用意されている模様・・・8,500円前後と少々高め。

Sandy Bridge-Eオプションクーラー
「RTS2011LC」

スペック

コードネーム:Sandy Bridge-E

マイクロアーキテクチャー:Sandy Bridge

Core i7-3960X (Sandy Bridge / 32nm / 6Core 12Thread(Hyper-Threading) /L2 256KB*6 / L3 15MB / LGA2011 / TDP 130W)
対応メモリー:クワッドチャンネルDDR3-1600


Core i7-3930K (Sandy Bridge / 32nm / 6Core124Thread(Hyper-Threading) /L2 256KB*6 / L3 12MB / LGA2011 / TDP 130W)
対応メモリー:クワッドチャンネルDDR3-1600

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/300-16cf043e