Intel Core i3-2100Tレビュー 

Core i3-2100T BOX (Sandy Bridge)

i3-2100T

仕様

【動作周波数】2.5GHz
【TDP】35W
【製造プロセス】 32nm
【キャッシュ】 LLC 3MB
【バス/コア倍率】 25
【DMI】5GT/s
【コア数/スレッド数】2/4
【内臓GPU】HD Graphics 2000 (HD2000)
Intel Hyper-Threading Technology
Intel Virtualization Technology (VT-x)
Intel 64 Architecture
Enhanced Intel SpeedStep Technology
Intel Quick Sync Video
Intel InTru 3D Technology

i3CPU-Z

外観

省電力版のi3-2100Tになります。

i3-2100T

付属品は変わらず小冊子とリテールクーラーです。

i3-2100T

省電力版でスリムケースでの使用も考えられているのか、リテールクーラーの背は低くなっています。画像側はCore i7-2600Kのリテールクーラーです。

i3-2100T

ロットはL043B448 Malaysia製です。

i3-2100T

パフォーマンスチェック

構成

【ケース・CPUクーラー・電源ユニット】NOFAN Set A40
【マザーボード】:BIOSTAR TZ68A+
【CPU】:Intel Core i3 2100T
【メモリ】:ADATA AD3U1333C4G9-2
【グラフィックボード】:無し
【HDD:システム】:Crucial RealSSD C300 64GB
【HDD:データ】:WESTERN DIGITAL WD20EARS
【光学ドライブ】:LG GH22NS50B-B
【OS】:Windows 7 Professional 32bit

負荷テストや消費電力チェックはNOFAN Set A40を使用したファンレス構成で記事を上げているのでそちらをご覧ください。
NOFAN Set A40 レビュー後編 負荷テストと消費電力チェック

エスクペリエンスインデックス

i3-2100Tエクスペリンスインデックス

CrystalMark2004R3

i3-2100T CrystalMark

モンスターハンターフロンティア絆

モンスターハンターフロンティア絆

やっぱり3D系のゲームはHD2000ではきついですね。最低画質にすればプレイできないことは無さそうですが・・・店頭でHD3000搭載ノートパソコンのモンスターハンターフロンティアベンチを見ましたがスコアは3倍ほど出てましたし、カクカクした感じの場面もなかったです。ゲームの重要度が高めなら最低でもHD3000搭載のi3を選ぶべきでしょう。

2Dの軽いMMOであればHD2000でも特に問題なくプレイできます。私は巨商伝やRedStoneというオンラインゲームをやっておりますよヽ(・∀・)ノ

CPUとしてはやはりローエンドといってもコアシリーズなだけあってCeleronとは比べ物になりません。まぁ値段も倍以上しますが、Celeronの統合型グラフィックはHD Graphicsなのでその辺を差し引いたら変わりないようなきもします。

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/305-162c967b