MSI N560GTX-Ti Twin Frozr II OC SLI レビュー 

N560GTX-Ti Twin Frozr II OC

N560GTX-Ti Twin Frozr II OC

次はいよいよSLIにチャレンジ!といってもグラフィックボードを二本ぶっさしてSLIブリッジケーブルで二つのグラフィックボードを接続するだけ。

N560GTX-Ti Twin Frozr II OC SLI

SLIブリッジケーブルはSLI対応のマザーボードだと付属しているはず、ハイエンドグラフィックボードの場合は付属しているのかな?よくわからん( ・∀・)アヒャ

挿し込んだらおしまいと思ったら大間違い!NVIDIAコントロールパネルからSLIを有効にしなくてはいけなかったです( ゚∀゚);',*;ガハ!!

SLIセッティング

負荷テスト

構成

【ケース】:SilverStone SST-RV02B
【マザーボード】:Intel DP67BGB3
【CPU】:Intel Core i7-2600K
【メモリ】:ADATA AX3U1600GC4G9-2G
【グラフィックボード】:MSI N560GTX-Ti Twin Frozr II OC SLI
【CPUクーラー】:サイズ GRAND KAMA CROSS
【電源】:SilverStone SST-ST75F-G
【SSD(システム)】:PLEXTOR PX-128M2P (SATA3.0 AHCIモード)
【HDD】:WESTERN DIGITAL WD6400AAKS-00A7B0
【OS】:Windows 7 Professional SP1 64Bit

ドライバー:285.62

N560GTX-Ti Twin Frozr II OC SLI

2枚のグラフィックボードを挿すとやっぱり冷却能力も落ちるので温度もきになりますし、電源容量も今のままで良いのか考え直さなくてはいけません。

OCCTではどうも2枚に高負荷を掛けるのは無理ぽいので、FurMarkで負荷をかけることにします。また、SLI時のGPU温度は高いほうのGPUを記載しています。
FurMark v1.8ではSLI用というのがありましたが、FurMark v1.9では統合されたよです。

(室温18℃/湿度20%)
とりあえずRV02の底面に設置している180mmファンSST-FN181-BLは260RPMでゆるゆる回している状態です。

N560GTX-Tiシングル
N560GTX-Ti SLI
アイドル時温度
21℃
22℃
高負荷時温度
67℃
95℃
アイドル時消費電力
70W
86W
高負荷時消費電力
318W
610W

アイドル時はSLIといえど全く問題ない感じですが、高負荷時(GPU負荷98%)となるとさすがに色々あがりますね(・∀・;)

これ夏になるとやばいんじゃね!?って感じですが、FurMarkほどの負荷が常にかかる状況もそうは無いと思うし、ゲームベンチマークを走らせている時は70℃、消費電力370Wほどだったので、180mmファンの回転数をもう少し上げてエアコンの効いたところで使用すればまぁ問題ないでしょう。たぶん。

夏の事は夏になってから考えるとするか。

ベンチマーク結果

シングル、SLIに加えて現在別PC使用しているLEADTEK WinFast GTX260 EXTREME+ V3もひっぺがしてスコアを比較してみました。

GTX260
EXTREME+ V3
N560GTX-Ti
シングル
N560GTX-Ti
SLI
DEVILMAYCRY4
DirectX9
71.26
133.72
239.34
DEVILMAYCRY4
DirectX10
71.05
127.52
224.43
モンスターハンターフロンティア絆
8353
11055
21189
ファイナルファンタジーXIV
LOW
4561
6097
5430
ファイナルファンタジーXIV
HIGH
2642
4391
5144
LostPlanet2
テストタイプA
NA
41.7
108.4
LostPlanet2
テストタイプB
NA
36.9
75.3
3DMARK11
-
4831
8484
※DEVILMAYCRY4のスコアはシーン4のスコアになります。

GTX260 EXTREME+ V3とN560GTX-Tiは正直あまり差がでないかとも思ってたのですが、1.5倍前後のスコアが出ました。560Ti恐るべし(・∀・;)

モンスターハンターフロンティアベンチマークはそのままではSLIを有効にできないらしく、NVIDIAコントロールパネルから「3D設定の管理」の中の「SLIレンダリングモード」を[フレームのレンダリングを強制的に交互にする2]を選択しなくてはいけないようです。

SLIセッティング

ファイナルファンタジーXIVベンチマークもモンスターハンターフロンティアベンチマークと同じ作業をするか、ベンチマークフォルダ直下のexeを起動するのではなく、dataフォルダ内のexeをRE5DX10.EXEにリネームしてそれを直接起動するといいらしい。

リネーム名はなんでもいい気がする。そして、SLIが有効になるのはHIGHのみみたいです。

LOWのスコアがSLIにした時の方が低いのは2枚挿しにすることでレーンがx8x8になってる分少しスコアがおちてしまったのかな?

GTX260はDirectX11に対応してないようでLostPlanet2のDirectX11は測定できませんでした。GTX260の3DMARK11の値が無いのは測定を忘れただけです(笑)

電源ユニットに関しては750Wでぎりぎりか・・・やっぱり800W以上が安心か、といってもMAX値での話ですが。はずれな2600Kなのでオーバークロックもできないし、これ以上付加価値を付けなければとりあえずこの構成でも大丈夫かな。

関連記事


参考


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/308-82c84396