マウスコンピューター LB-F301S レビュー後編 

LB-F301S使ってみよう!

初期起動時のデスクトップはこんな感じです。

LB-F301Sデスクトップ

最初にやること

自分色に染める前にやることがあった(笑)
よくある、リカバリーディスク作成やら、使用前に実行ください系の作業です。LB-F301Sではハードウェアのドライバソフトが「サプリメントディスク」という名称でハードディスクへインストールされているらしい。

LB-F301Sサプリメントディスク LB-F301Sサプリメントディスク

一応取扱説明書には説明がありますが、サプリメントディスクの必要な理由くらいしか載っておらず、作業は指示に従えという記載だけです。こんなので大丈夫か(・∀・;)

サプリメントディスク作成にはDVD-Rが1枚必要になりますが、DVD-Rは付属してないので別途用意が必要です。eMachinesだとリカバリーディスク作成の為のメディアが付属してるものもあるんですよね。


 

サプリメントディスクはデスクトップにあるサプリメントディスクバックアップのショートカットから起動します。
起動しても指示はありません( ゚∀゚);',*;ガハ!!
表示されているのがディスクの内容でバックアップボタンを押せば始まるというのは大抵の人はわかるでしょうが・・・

LB-F301Sサプリメントディスク

CDアイコンのバックアップボタンをクリックすると、まずは書き込みするためのソフト「Power2Go」が起動し、ユーザー登録画面が現れますが登録はスキップできます。

LB-F301Sサプリメントディスク

後は、DVD-Rを入れて書き込みボタンを押せばサプリメントディスクの作成が開始されます。

LB-F301Sサプリメントディスク

作成時間は11分ほどでした。

LB-F301Sサプリメントディスク LB-F301Sサプリメントディスク

さぁ使ってみよう♪

NumLockボタンを押すと右下に鍵の下に123という文字が付いたアニメーションが現れます。どうってことないですが、こういうの私は結構好きです(*´∀`)

LB-F301S

90日間使用のマカフィーがインストール済みなんですが、2月17日にセットアップして3月3日に期限切れって2週間ほどしかないじゃないですか( ゚∀゚);',*;ガハ!!
出荷準備中から90日なのかな?あってないような物なのできにしないですが。

LB-F301S

マウスのプロパティ

タッチパッド&マウスの設定ですが、特に目新しい機能はない模様。
タッチパッドとマウスの切り替えは自動認識ではないです。マウスを使うときにタッチパッドを無効にしたい場合は、デバイス設定より手動でタッチパッドを無効にしなくてはいけません。

LB-F301S LB-F301S
LB-F301S LB-F301S
LB-F301S LB-F301S


ハードディスク

ハードディスクはウェスタンデジタルのWD5000BPVT-08HXZT1でした。WD5000BPVT-08HXZT1でgoogle検索しても海外のサイトしかヒットしなかったので、一般的に出回っているものではないようです。

バッファ8MB
SATA2
5400RPM
温度は室温18℃のアイドル時で29℃です。

LB-F301S HDD

CrystalDiskMark

まぁ普通です。といっても使用している3.5インチのWD3200AAKSより早いです(笑)

Sequential Read : 93.531 MB/s
Sequential Write : 92.893 MB/s
Random Read 512KB : 34.698 MB/s
Random Write 512KB : 51.713 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.503 MB/s [122.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.923 MB/s [225.3 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 1.260 MB/s [307.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.981 MB/s [239.5 IOPS]
Test : 500 MB [C: 6.4% (29.6/465.7 GB)] (x5)

LB-F301S HDD

ベンチマーク

エクスペリエンスインデックス

プロセッサ:6.6
メモリ(RAM):7.3
グラフィック:6.3
ゲーム用グラフィック:6.3
プライマリハードディスク:5.9

LB-F301Sエクスペリエンスインデックス

CrystalMark2004R3

単体でみてもよくわからないので、i3-2100T搭載のファンレスパソコンと比べてみることにします。
CPUは同じTDP35W、2コア4スレッドのi3ですがクロックが2100Tの方が高いのでスコアはよくなってますね。
HDDはファンレスパソコンの方はSSDなのでまったく比較になりません(・∀・;)

一番注目していた内蔵グラフィックのHD3000とHD2000の違いですが、GDI(テキストや四角や丸などの図形、ビット描画などの性能)はやっぱりHD3000の方がかなり優位なようです。
しかし、D2D(2Dグラフィックス(面)のレンダリング性能)やOpenGL(3Dグラフィックスのレンダリング性能)はどっこいどっこいです。

LB-F301S ベンチマーク

モンスターハンターベンチマーク

ということで、数値見てても分かんないのでゲームベンチマークを実施してみました。設定はデフォルトのままです。

LB-F301S ベンチマーク

HD2000でスコアが1200程度だったのでHD3000でのスコア1887というのは意外とがっかり・・・もうちょっと期待してたんですが(笑)

しかしながら、HD2000の時はあらゆる場面でカクカクしてましたが、HD3000の場合には最後の花火の上がる場面(オブジェクトが多くなり高負荷な場面)以外は特に問題なしでした。
HD3000でなら低画質であれば3D系のゲームも出来ないことはなさそうかな?まぁ快適じゃないのであくまで「動く」程度でしょうが( ゚∀゚);',*;ガハ!!

気にしたことなかったけど、店頭のi3搭載ノートパソコンでモンスターハンターのベンチマークがサクサク動いてるのは設定を落としているんだろうか。

消費電力

測定はサンワサプライのTAP-TST5

アイドル:16W
ゲームベンチマーク:50W

アイドル16Wといっても何かの拍子に20~25Wにあがるので、事務的な作業では20W前後での動作のようです。

BIOS設定

LB-F301S BIOS LB-F301S BIOS
LB-F301S BIOS LB-F301S BIOS
LB-F301S BIOS LB-F301S BIOS


マウスコンピューター/ノートモデル


 

関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/314-84dde6ac