Ivy Bridge CPU 

第3世代GPU統合型CPU
        Ivy Bridge

2012年4月24日Intelは第3世代Coreプロセッサー・ファミリーとなる新CPU群を発表しました。
モデルナンバーの頭が3から始まるものになります。製造プロセスは22nmでCore i7が4コア8スレッド、Core i5が4コア4スレッド、Core i3が2コア4スレッドになります。

対応形状はLGA1155で対応チップがIntel 7シリーズ(Z77/Z75/H77/B75/Q75/Q77)、Intel 6シリーズの一部(Z68/P67/H67/H61)がサポートされています。Intel 6シリーズのマザーボードに関してはIvy Bridge対応のファームウェアが必要になるのが注意点です。

内臓GPUがさらに進化

内臓GPUはDirectX 11対応のIntel HD Graphics 4000/2500へとなり、Sandy BridgeのIntel HD Graphics 3000/2000と比べると各種ベンチマークで30~50%のスコアアップが見られるようです。
また、HD4000では映像処理のハードウェアアクセラレータであるQuick Sync Videoも、トランスコード性能が最大2倍向上するというバージョン2.0へとなっています。

消費電力や発熱に関して

Sandy Bridge(Core i7-2700K)とIvy Bridge(Core i7-3770K)を比較を見た場合CPU高負荷時が約30Wも低くなるそうな。アイドル時、GPU負荷時でも微妙ながらIvy Bridge(Core i7-3770K)の方が低くい結果がでたようです。
消費電力が抑えられているということは発熱も!と期待しますが、発熱に関してはほぼ同程度の結果となっており、これは22nm化でCPUダイ部分の面積が小さくなり、単位面積あたりの発熱量が増えたのが原因のようです。発熱エリアが以前よりも小さいので、熱源が凝縮されてしまったようです。温度はほとんど変わらないので、オーバークロック時はSandy Bridgeよりも温度の上がりが早いかもしれない。(参考ASCII.jp)

ただ、当初Core i7-3770KはTDP95Wとされていたが、これはラベルの間違いであり、実際はTDP77Wだという。そうなれば当然の結果ともなりますが、発熱に関して見解が違ってきます。

他の記事を読んでいると発熱の原因は「ダブルグリスバーガー症候群」とされている。コストダウンのためにヒートスプレッダの接合にFluxless solderer(はんだ)ではなくグリスが使用されており、それが原因で熱伝導効率が下がり、CPUが高熱になる問題としてとらえられているようです。

ダブルグリスバーガー発売
. _____
(_____) ←CPUクーラー
._|___|_ ←グリス
.|_____| ←ヒートスプレッダ
  |___|  ←グリス
.__|___|_←コア
(_______)

     ┏━━━━━━━━┓
     ┃  /       \   ┃ アイヴィブリッジちゃんは
     ┃/. _____ \.┃ ダブルグリスバーガー症候群で
     ┃  (_____)  ┃ 発熱しやすい体質です
     ┃ . _|___|_   ┃ しかし治療に殻割り手術が必要で、
     ┃.  |_____|   ┃ 失敗したら即死します
     ┃    |___|   ┃
     ┃  __|___|_.  ┃ アイヴィブリッジちゃんを救うために
     ┃ (_______). ┃ どうか協力をよろしくお願いします
     ┗━━━━━━━━┛
     アイヴィブリッジちゃん 0歳
そして、こんなアスキーアートもできちゃってます(・∀・;)



スペック

マイクロアーキテクチャー:Ivy Bridge

Core i3 (Ivy Bridge / 22nm / 2Core 4Thread(Hyper-Threading) / LLC 3MB / GPU HD2500 / LGA1155 / TDP 55W)
対応メモリー:デュアルチャンネルDDR3-1333

Core i5 (Ivy Bridge / 22nm / 4Core 4Thread / Turbo Boost / LLC 6MB / GPU HD2500 / LGA1155 / TDP 65W)
対応メモリー:デュアルチャンネルDDR3-1600

Core i7 (Ivy Bridge / 22nm / 4Core 8Thread(Hyper-Threading) / Turbo Boost / LLC 8MB / GPU HD4000 / LGA1155 / TDP 77W)
対応メモリー:デュアルチャンネルDDR3-1600

(省電力対応は除く)

参考


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/321-9eb08c90