マウスコンピューター LB-T511E レビュー前編 

LB-T511Eチェック!

LB-T511E

前回はエントリータイプFシリーズのLB-F301Sを購入しましたが、今回はGeForce搭載のTシリーズのLB-T511Eを購入しました。
Ivy Bridgeのi3-3110Mを搭載しているので高性能になったHD4000内蔵内臓なわけですが、NVIDIA Optimusテクノロジというものに興味を持ったのでこちらにしてみました。
マウスコンピューター/G-Tune
購入は今回もWebからです。購入画面は変わりなしで構成確認のところでは配送料は入ってません、パソコンの値段とは違うから当たり前といえば当たり前なのか(笑)

LB-T511E購入

Windows7をProfessionalへアップグレードしたのと、下取りキャンペーンをまだやってたので申し込みしました。SSD導入はまぁそのうち自分で(・∀・)

仕様

【OS】Windows7 Professional 64bit(カスタマイズ)
【CPU】Intel Core i3-3110M
【GPU】NVIDIA GeForce GT640M/Intel HD 4000(NVIDIA Optimusテクノロジ対応)
【チップセット】HM76 Express
【メモリ】PC3-12800 DDR3 SODIMM 8GB
【液晶ディスプレイ】15.6型ワイド光沢液晶ディスプレイ(LEDバックライト、1,366×768 約1,677万色)
【HDD】500GB SerialATA 5,400rpm
【光学ドライブ】DVD±R 2層書込対応DVDスーパーマルチドライブ
【その他】130万画素Webカメラ、ハイ・ディフィニションオーディオ
【動作時間】約 4.75時間

Tシリーズのエントリー構成のLB-T511Eですが、すでにラインナップから消えてます( ゚∀゚);',*;ガハ!!
とはいっても、後継機にあたるLB-T512Bはハードディスクの容量が320GB、メモリーが8GBから4GBへとダウングレードされた代わりに4000円ほど安くなったといった程度の変更みたいですね。メモリーとハードディスクの容量変更だけで型番変更とは・・・


 

Tシリーズは低価格ゲーミングノートパソコンと言えば聞こえはいいですが、モバイルタイプのSシリーズ、ウルトラブックのXシリーズ、エントリータイプのFシリーズとハイエンドクラスのG-Tuneとの間の中途半端な位置取り。それ故かTシリーズはあまり広告もうってないようです。まぁ今の売りはマウスコンピュータ初のウルトラブックなんでしょうけどね(笑)

GeForce GT640M搭載で内臓GPUとの切り替えを自動で行うOptimusテクノロジに対応しています。これによってある程度のゲームも快適にできるはず!

付属品

保証書
バッテリー
ACアダプター
電源コード
取扱説明書
付属品一覧
インストールディスク
アプリケーションディスク
下取りキャンペーン関連の書類

LB-T511E

マウスはオプションなので付属していません。
取扱説明書はやはりマウスコンピュータ全パソコン共通ぽいのですが、LB-F301Sの時は指示に従えのみの記載でしたが、サプリメントディスク作成手順が分かりやすく記載されていましたヽ(・∀・)ノ

外観

ディスプレイのみグレアになります。筐体までグレアだと指紋べたべたで気になって仕方が無いですよね。

LB-T511E

最大まで開いた状態はやはり135度ほどかな?平らにはなりません、平らにならなくてはいけない必要性はないのですが(笑)

LB-T511E

筐体は無地というわけではなく、どっかの鞄の模様みたいなものが薄く入ってます。いや、よくわかんないですけどね( ・∀・)

LB-T511E LB-T511E

キーボード周り

キーピッチ約19mm、キーストローク約2mmのキーボードですが、キーの文字の色がグレイなのでなんだか文字の無いキーボードを使っているような感じの違和感があります。

LB-T511E

テンキーも独特な配列です。1キーの下に→があり、エンターキーが数字のキーと同じ大きさです。キーが詰まって並んでいるのに加えて文字が見にくいので矢印キーが結構使いにくいです(・∀・;)

LB-T511E

キーボード上部は左に電源ボタン右にボリューム調整と・・・左の二つのボタンなんだっけ( ゚∀゚);',*;ガハ!!
今度帰ったら確かめます(笑)
(´・ω・)y--oO○ エトー・・・ 一番左のバッテンの付いたボタンが画面の電源で隣の風車のようなマークのボタンがファンやCPUの使用率を抑えつつ動作させることができる省電力モードに切り替えるボタンのようです。

LB-T511E LB-T511E

キーボード右下にはNVIDIA、Intel、Windowsのシールが貼ってあります。スピーカーらしきものが見当たりませんね・・・音は出るので内臓なのかな。

LB-T511E

右サイド

右サイドには音声入出力とUSB2.0ポートが2つそして光学ドライブがあります。

LB-T511E LB-T511E

左サイド

左サイドにはUSB3.0ポートが2とHDMI出力、D-SUB15ピン出力、LANポート、電源入力そして排気口があります。
LB-F301SではUSB2.0と兼用のe-SATAポートがありましたがなくなりましたね。

LB-T511E
LB-T511E LB-T511E

前面・背面

前面はマルチカードリーダーのみで、真ん中辺りにはLDEがあります。
カードリーダーはSD、メモリースティック、マルチメディアカードが使えるわけですが何にも表記がないです。デザイン優先なんでしょうか。

LB-T511E LB-T511E

背面は特にインターフェイスはありません。

LB-T511E

バッテリー

LB-F301Sでは取り付けにちょいとてこずりましたが、今回は特に癖はありませんでした。

LB-T511E


 

分解

いきなり分解!というかハードディスクの取替えの確認をばしたいと思いますヽ(・∀・)ノ
ド━━m9(゚Д゚)━━ン!!!

ネジ外しても裏蓋が外れません(´;ω;`)ウッ…
なんだか微妙に下に下がるんですが、どこかに引っかかっている感じで動かないので、ダメもとでサポートに電話して聞いてみたところ、保障の対象外になることがあると注意されましたが教えてくれました。

右のバッテリー固定のストッパーを解除します。

LB-T511E内部

そして左のストッパーを解除方向へ押さえたまま・・・

LB-T511E内部

裏蓋を下に下げると・・・(ノ ̄┏Д┓ ̄)ノ ウオオォォォォォォォー!!
外れた!どうやらツールレスで外せるようです。

LB-T511E内部

左側のバッテリーのストッパーは裏蓋のストッパーにもなっているようです。

LB-T511E内部

左下にあるハードディスクのカバーは爪で軽くかかっているだけなので、さくっと取れます。

このTシリーズは上位モデルではmSATAのSSD搭載できるのでmSATAポートがあるのかと思いましたが、mSATAポートは無さそうです。

LB-T511E内部

と思ったんですが、BOISを見ているとmSATAポートの設定があり改めてみてみるとハードディスクの向かいにmSATAポートらしきものを[壁]スッ≡( ̄ー『+』ゝ発見!!

LB-T511E内部

でもここに挿すと基盤まで高さがあるのでグラグラな様な気がするのは気のせいか・・・

メモリーは4Gx2の2枚挿しなので容量増やす時は一枚抜かないとダメです。ホームページには※の注意書きで2枚挿しの記載はあります。

LB-T511E内部

CPU周り

開けたついでにCPU周りも撮影したので載せておきます。

LB-T511E内部 LB-T511E内部
LB-T511E内部

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

関連記事


この記事へのコメント

Re:マウスコンピューター LB-T511E レビュー前編

msataポートはHDDのとメモリーの隣にちゃんとありますよ

Re: Re:マウスコンピューター LB-T511E レビュー前編

こんばんわ
msataありますね、本文にも発見したとかいてます(笑)
  • [2015/04/20 00:32]
  • URL |
  • 管理人わーとん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/330-b3023676