マウスコンピューター LB-T511E レビュー後編 

LB-T511E使ってみよう!

マウスコンピューター/G-Tune

セットアップ

特に変わった作業もなく通常のWindows7のセットアップなのでさくっといきます!

LB-T511Eセットアップ

ユーザー名とコンピュータ名の入力をします。

LB-T511Eセットアップ

ユーザーアカウントのパスワードの設定をします。

LB-T511Eセットアップ

ライセンス条項の確認をして次へ進みます。

LB-T511Eセットアップ

自動アップデートの設定をします。

LB-T511Eセットアップ

最後にワイヤレス設定ですが、後でできるのでスキップしても問題ありません。

LB-T511Eセットアップ

初期デスクトップです。余計な広告やランチャーもないのでいらない物を削除する手間が省けていいですねヽ(・∀・)ノ

LB-T511Eデスクトップ


 

最初にやること

サプリメントディスク作成

サプリメントディスクはハードウェアのドライバや各種ソフトが収録されたものになります。よくあるドライバアプリケーションディスクですね。
付属品にはMedia Suite8のディスクしかないので、それ以外のセキュリティーソフトやマウスコンピュータ仕様のアプリケーションが入っているようです。インストールディスクも付属されていますが、それだけでは各種ドライバが正常に動作しないのかな?

LB-F301Sの時にはサプリメントディスク作成の説明は指示に従ってくださいとしかありませんでしたが、今回確認してみたところきちんと手順が記載されてました(・∀・)

サプリメントディスク作成 サプリメントディスク作成

見直されたのかシリーズによって違うのかは不明です( ・∀・)

まず、デスクトップにあるサプリメントディスクバックアップを起動します。

LB-T511Eサプリメントディスク

CDアイコンのバックアップボタンをクリックすると、まずは書き込みするためのソフト「Power2Go」が起動し、ユーザー登録画面が現れますが登録はスキップできます。

LB-T511Eサプリメントディスク

後は、DVD-Rを入れて書き込みボタンを押せばサプリメントディスクの作成が開始されます。「書き込みテストを行う」のチェックは外せばテストを行わないので早いです。

LB-T511Eサプリメントディスク

テストに10分ほど。

LB-T511Eサプリメントディスク

書き込みに15分ほどでした。

LB-T511Eサプリメントディスク

ハードディスク

ハードディスクはSEAGATEのST9500325AS 500GBの 9.5mm厚です。

バッファ8MB
SATA2
5400RPM
温度は室温26℃のアイドル時で38℃です。

LB-T511E HDD

CrystalDiskMark

4Kもちょっと遅いですが、シーケンシャルとランダムが結構遅いような・・・

Sequential Read : 72.960 MB/s
Sequential Write : 70.706 MB/s
Random Read 512KB : 26.446 MB/s
Random Write 512KB : 31.330 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.333 MB/s [81.4 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.890 MB/s [217.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 0.897 MB/s [219.0 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.899 MB/s [219.6 IOPS]
Test : 500 MB [C: 8.6% (40.0/465.7 GB)] (x5)

LB-T511E HDD

ベンチマーク

エクスペリエンスインデックス

プロセッサ:6.9
メモリ(RAM):7.4
グラフィック:6.9
ゲーム用グラフィック:6.9
プライマリハードディスク:5.7

LB-T511E ベンチマーク

CrystalMark2004R3

Optimusテクノロジがどこで有効になっているのかが微妙ですが(・∀・;)
比較としてはLB-F301Sのスコアになります。

CPUは以前の第二世代Core i3-2350Mから第三世代Core i3-3110Mになりクロック数は0.1GHzしか違いはありませんが、スコアは少し伸びています。

D2D(2Dグラフィックス(面)のレンダリング性能)のテストの時は何故か動作してなかったので、かなり低いスコアになってます。OpenGL(3Dグラフィックスのレンダリング性能)はHD3000のスコアよりかなり伸びているのでGeForce GT640Mの方が有効になっているぽいですね。

LB-T511E ベンチマーク

モンスターハンターベンチマーク

モンスターハンターのベンチマークはサクサク動き、一切カクカクする場面はありませんでした。6000前後のスコアがでれば軽めの3Dゲームならストレス無くプレイできそうですヽ(・∀・)ノ

LB-T511E ベンチマーク

消費電力

測定器はサンワサプライのTAP-TST5になります。

アイドル:17W
ゲームベンチマーク:58~61W

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune


 

関連記事


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/331-9f4acf7c