Abee AC150-AP04AA レビュー 

150W ACアダプター

AC150-AP04AA

仕様

連続最大出力:150W
コネクタ:24(20+4)ピンx1、4ピン ATX12Vx1、SATAx2

付属品

ACアダプタ
電源ケーブル
SFX変換ブラケットセット
固定用ミリネジ
簡易マニュアル

AC150-AP04AA

換装するのはNOFAN Set A40のファンレス電源P-400Aになります。

構成

【マザーボード】:BIOSTAR TZ68A+
【CPU】:Intel Core i3 2100T
【メモリ】:ADATA AD3U1333C4G9-2
【HDD:システム】:Crucial C300
【HDD:データ】:WESTERN DIGITAL WD20EARS
【光学ドライブ】:LG GH22NS50B-B
【TVチューナー】PT2
【OS】:Windows 7 Professional 32bit
【ケース】NOFAN Set A40(電源P-400A付き)

中身は結構ぎっちり詰まった感じになっていて電源ユニットが前面下部を占有している形になってます。

AC150-AP04AA

問題としては電源の差込口が下部にあるのでケース内を通してリアへ持っていかないといけないのと、SATA電源が2つじゃ足りないので分岐しないといけないことです。

AC150-AP04AA

電源差込部分はブラケットから取り外しできるので特に問題はないかな。内部がせせこましいのでSATA電源の分岐も2種類用意しました。

AC150-AP04AA

AINEXのS3-1504SALとS2-1501SAです。


で、張り切って分解していきましたが電源ユニットが恐ろしく取り外しにくいのにびっくり( ゚∀゚);',*;ガハ!!
底面からリアへ延長しているケーブルも取り外しました。

AC150-AP04AA

いざ取り付けという時に重要なことに気づきました。24ピンを差し込むとCPU補助電源がどうやっても届きませんド━━(*゚Д゚)━━ン!!!
しかもマザーボードは8ピンだけどACアダプタの方は4ピン・・・まぁこれはハイスペックなCPUを使用しなければ4ピンでも問題はないはずなのでいいのですがケーブル長が足りないのは大問題です(笑)

AC150-AP04AA

ここまできて元に戻すのはかなり面倒なので激しく後悔 >┼○ バタッ
ケーブル類を入れてる箱をあさってると何の付属品かそれともどっかからパーツ取りしてきたのか8ピンの延長ケーブルを発見しました。とりあえずこれでいいや(笑)

AC150-AP04AA

やっぱりACアダプタはITXなどの小型PC用として設計されているんでしょうね。SATA電源2も光学ドライブとストレージ1つと最低限ですしね。今回使用したNOFAN Set A40は電源の位置的にCPU補助電源の方が届かない感じになりましたが、通常の後ろに電源があるタイプだと24ピン又はマザーボードによっては両方とも届かないということもありえるかもしれません(・∀・;)


 

ストレステスト

CPU:OCCT60分(室温30℃ 湿度60%)

+12V (5Vしか出てないけど大丈夫なのか?)
AC150-AP04AA

3.3V
AC150-AP04AA

5V
AC150-AP04AA

VCore
AC150-AP04AA

消費電力

電源ユニットP-400A
アイドル時:37W
モンスターハンターベンチ時:51W
CPUOCCT時:61W

ACアダプタAC150-AP04AA
アイドル時:35W
モンスターハンターベンチ時:48W
CPUOCCT時:58W

因みに、私の家で使用している扇風機では弱設定で約35W、強設定で約50W程になりました。

ACアダプタ化したほうが劇的に省電力になるというイメージがありますが、全体的に2~3W落ちている程度でした。元々ファンレスですし省電力構成なのでメリットは内部に空間ができたという程度です。目的も空間作りなのでまぁ良しとしときましょう。
※消費電力計測について追記※
計測時にPT2が抜けかかっていたので、もしかしてきちんと刺さっていたら電源もACもほぼ変わらない値になってたかも('ノェ')コッソリ

AC150-AP04AA AC150-AP04AA

最終的にはCrucial C300とPlextor PX-128M5Sを切り替えて使うためにAINEXのHDD-SELを取り付けて、それの電源が4ピンだったのでSATAから4ピン変換を更に増設しました。

最後にでかいACアダプタですが連続稼動していますが触ってられないほど熱くなることはないです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/350-34a7ff98