WESTERN DIGITAL WD30EFRX レビュー 

WD30EFRX-68AX9N0(1Tプラッタ)

WD30EFRX

通称REDラベル!搭載されたアドバンスドファームウェアテクノロジーが、シームレスな統合、NAS・RAID環境でのOSの最適なパフォーマンス、および堅牢なデータ保護を実現する。そして、WD独自のNASwareテクノロジーにより、WD Redは要求の厳しい小規模のNAS環境においても能力を発揮するのだ・・・と書かれても他と何がどのように変わりどう能力を発揮するのかが全然わかりません( ゚∀゚);',*;ガハ!!

小難しいことは分かりませんが省電力性と低発熱に力を入れて連続稼動においても耐えうるファームウェアを開発したよってことなのか。その代わりにちょっと割高になってますけどね(笑)

2013年6月現在パッケージなどに自信満々に記載されている24時間*7日間体制のプレミアムサポートとも日本ではごく一般的な月~金曜日の9:00~18:00のみの対応です。

WESTERN DIGITAL 問い合わせ先

URL:http://support.wdc.com/contact/contact.asp?lang=jp

他のシリーズより値段が高めといっても2倍も3倍も変わるわけでもないし、NASってものがどれくらい重要なシステムに導入されているものかは知らないですが、トラブルって言ったって結局交換しかないんじゃないかと思うんですがそうなると別に24時間体制な必要性も無いような気がします(笑)

私の場合はNASでもなく稼働時間が長いただのテレビ鯖的な感じのパソコンにデータ保存用としての使用として購入です。
使用しているWD20EARS(緑ラベル)がちょっと足りなさそうになってきたので取り合えず3Tにしたかっただけ。なんでも良かったのだけれども、なんだか最近の売れ筋にWD30EFRXが上位に入っていたので物は試しと買ってみただけどいう感じです( ・∀・)

外観

パッケージ
WD30EFRX WD30EFRX

ラベル
WD30EFRX

CrystalDiskInfo

室温30度
ファンレスでケース上部に取り付けしているのせいか通常よりも若干HDD温度は高めです。

WD30EFRX

CrystalDiskMark

構成

【ケース】NOFAN Set A40
【電源】Abee AC150-AP04AA
【マザーボード】:BIOSTAR TZ68A+
【CPU】:Intel Core i3 2100T
【メモリ】:ADATA AD3U1333C4G9-2
【HDD:システム】:Crucial C300
【HDD:データ】:WESTERN DIGITAL WD30EFRX
【光学ドライブ】:LG GH22NS50B-B
【TVチューナー】PT2
【OS】:Windows 7 Professional 32bit

先にも書きましたがこの前ACアダプタ化したパソコンのデータHDDをWD20EARSからWD30EFRXへ換装しました。
接続はマザーボードのSATA2ポートになります。

WD30EFRX

Sequential Read : 157.586 MB/s
Sequential Write : 153.278 MB/s
Random Read 512KB : 45.310 MB/s
Random Write 512KB : 99.024 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.544 MB/s [132.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 1.909 MB/s [466.0 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 1.742 MB/s [425.4 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 1.908 MB/s [465.8 IOPS]

省電力で省発熱な故にスピード低下は仕方が無いというほど遅くはないです。換装前のWD20EARSに比べると30%ほどスコアアップしてます( ゚∀゚);',*;ガハ!!

最近のだとグリーンラベルの同じ1TプラッタのWD30EZRX/Kが比較対象になりそうだけど、それでもベンチマークは同程度のようです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/353-fe572a0a