Windows7で管理者として実行 

管理者でも管理者として実行

Windows7(正確にはWindows Vista以降かな)では管理者権限のあるユーザであっても管理者として実行しないとうまく動作しないものがある。

EXEやBATファイル

ソフトのインストールをする場合やコマンドラインで動作させるバッチファイルを動かす場合には右クリックのメニューにある「管理者として実行」で起動させた方がよい。特にレジストリの編集を伴うバッチファイルは普通にダブルクリックなどで実行すると失敗することが多い。



まぁ普通に市販されているソフトなんかをインストールする時には気にしなくてよいのでしょうけど、XPの頃から使われているようなフリーソフトはたまに管理者と実行でインストールしないと正しく動作しないものもあった。

ショートカット

使い分け方は良く分からないがショートカットのプロパティには二か所に管理者として実行するためのチェックがある。

ショートカットタブの「詳細設定」のプロパティ

管理者として実行

互換性タブの特権レベル

管理者として実行

ショートカットタブの方はそのショートカットから動かす場合に管理者として実行され、互換性タブの方はそのプログラム自体が管理者として実行されるようになるようです。

一見、互換性タブの方が万能な感じがしますが、スタートアップへ組み込むショートカットの場合には互換性タブの管理者として実行ではうまく動作しないがショートカットタブの管理者として実行だとうまく動作するといったこともありました。
どんな場合にはどちらを使うかははっきりわからないので、この二か所の存在を覚えておいてこっちがダメならあっちといった感じで良いでしょう(笑)

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/373-a2fb7d7f