メール送信エラーの原因 

トラブルっていうよりあるあるだよね

問題なくメールをしていたがある日突然メール送信しようとするとエラーが出るって言われると何を思いつくだろうか。
トラブルとするならばメールサーバーがダウンしたということも考えられるが大概はユーザの知識の無さというか操作は知っているが理解していないということが原因になることが殆どだ。

「添付ファイルの容量が制限を超えている」という場面に出くわすことが一番多いがこれはまぁ覚えていないとか勘違いとかもあるが、この光回線の時代なんぼデカいファイルでも送れるだろうと思っている人も少なくは無い。

あと、ここ何年かの変化としてはスパムメールの影響で同時送信数の制限もあるところも多いだろう。



Windows XPを使用している人に多かったのはOutlook Expressを使用している人が既定のメーラーがMicrosoft OfficeのOutlookになっていてメールリンクをクリックしたときにMicrosoft OfficeのOutlookが起動してメールが送信できないと騒ぐのだ。Windowsでメールを送るっていうとメールのアイコンをクリックすれば何でも使えると思っている、というかOutlook ExpressもMicrosoft OfficeのOutlookも見分けがつかない、知らないといった人が多すぎ。

今日であった新種の送信エラーは紙に書かれたメールアドレスを手打ちで打ったようなのだが、書かれたメールアドレスの下に下線が引かれておりアドレスの一部のアンダーバーが分かり辛くなっていてスペースを入力してしまった為に送信時にエラーが出るといったものだった。
そうか、メールアドレスにスペースが入っているというのは一般ぴーぽーには違和感が無いんだと新たな発見だった。

最後にもう一つ、WEB上からメールアドレスをコピーして貼り付けたらメールアドレスの最後にあるスペースまでコピーしてしまっていてエラーで送信できないといったもの。分かり辛いと言えば分かり辛いけど…まぁなんというかメールに、いやむしろパソコンに限ったことじゃないけど困ったら人に聞けばいいやという考えの人はダメなんですよね。エラーが出たらなんで?どこが悪い?って自分のしたことを振り返らないとね、次に同じことがあっても同じことが過去にあったことすら覚えてすらないから自分で解決できないし。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/380-5b00d707