アイコンをダブルクリックするとプロパティが開く?! 

キーボードに注目

割と良くヘルプで呼ばれる症状の一つにアイコンをダブルクリックするとプロパティが開くというのがある。実際にはアイコンを開くと変な画面が出てくるとか言われるわけだが(笑)



一般的に良く使うかどうかは分からないがWindowsにはALT+Enterでプロパティーを開くという動作がある。
だからALTを押しながらダブルクリックすれば当然プロパティーが開くのだけれど、どうしてALTが押された状態になっているのかということだ。

  • キーボードの手前に書類などを置いていて角がALTボタンに当って押された状態になっていた。
  • キーボードの中に小さなクリップが入り込みALTボタに当って押された状態になっていた。
  • キーボードの故障で勝手に押された状態になることがあった。
  • Sshiftキーを5回連続で押すと出現する固定キー機能で、間違ってALTが固定されている状態になってしまった。

今まで遭遇した現象的にはこんなものでしょうか。

クリップ

事務職系の部署だと結構キーボードの中にクリップを潜りこましている人間は結構いる…雑な人間に多し。キーボードが効かなくなることが多いけどたまに押しっぱなしになる状態も発生するみたい。

ちょっと違うけどウィルスに感染したUSBメモリが右クリックの開くからは開けるけどダブルクリックするとプロパティが開くなんてこともありました。フォーマットしたら普通にダブルクリックで開くことができるようになったのでこれはキーボードが原因ではなかったです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://z0001.blog87.fc2.com/tb.php/384-5e639147